• 反田孝之

我が子らと過ごす人生

昨日スプラウトさんの大豆収穫が終わり、受け入れも終わった。連日綿雪や雨が降りしきる中を、収穫したてのしっかり乾いた大豆が持ち込まれるシーンは何とも不思議な感覚だった。裏日本というのは海からのわずかな距離の違いでこうも天気が違うということを、こんなことで改めて実感する。


ということで、山の上の検査場への持ち込みに向けてラストスパート。と言いつつ、疲れたね。数日前から寒さが深まってなおさらだ。こんな日々を癒してくれるのは子供たち。帰宅したときの下2人の子のお出迎えが何とも癒される。ま、その後の夜のひと時は相変わらず大変ではあるものの、2人だけでじゃれ合うことも増えて負担は減りつつある。その光景がまた微笑ましい。


次男がよく「お父さんが休めるようになったら〇〇したい」とか「春になったら〇〇したい」と言う。今朝は「春になったらお山に登ってどれがシイの木かを教えてもらってシイタケを探したい」と。かなり素で笑えるネタが多くてそれにも癒される。おうおう、何でもやってやるぞ、と相槌を打ちつつ、話半分のところもあっておかしい。でもそういう日が早く来ることを待ち望んでいる。


先月末のイノシシの埋葬。花を供えて墓をつくる兄弟。長男は私がイノシシを殴り殺すのを少し離れて見ていた。


この前の日曜の一コマ。年内で閉鎖する温泉周りの遊歩道。


同じく日曜日。田津の畑で。一面のナズナ。


遊べ遊べ、自然の中で。



最新記事

すべて表示

力尽きそうな朝の、ありがちな一コマ

昨日、大豆の選別・袋詰めをを完全に終わらせた。今年もやったぞ。なんとも言えない達成感と開放感。そのせいか今朝、布団から起きれない。このまま丸一日寝転んで読書でもできたなら、10月25日以来の休日となって、疲れも取れるし、痛めた膝にもいいのに。 しかしどうでも急がねばならないことがあった。中山間直払制度のとりまとめだ。田津地区に毎年交付されている90万円もの補助金の操作。まずこの1年で農地維持にかか

へこたれた・・

にわかに大豆の粗選機の調子が悪くなり、あれこれ調整するんだけど、一向に改善しない。新品の昨年から元々こういう不具合があった機械で、農機屋さんとああだこうだと相談しながらやったいたものだが、このたびだけはまったく改善しない。改めて今相談したところ。腹が減ってどうにもならんくなったので中断。再開後、試す。 それだけのことなら焦らずに対応できる。しかしこのせいでフォークリフトがフレコンを吊ったまま身動き