top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

批判をしよう

有機がなぜ広まらないか、という理由をそろそろ整理した方がいい。「慣行を批判するから敵視されて広まらない」「批判をやめよう!」みたいな反省が有機側の人たちに見られるが、これは明確に間違いだ。


広まらない理由は、有機の有意性を多くの人が感じていていないからだ。もう少し突っ込んで言うと、感じていないというよりも優位性が「ない」からだ。有意性があるという論文の存在をいう人もときどきいるけれど、優位性はないという論文もある。都合の良いデータを使えばどんな結果だって出せるのだ。


一方で最近むしろ懸念していることがある。以前、あるべきは有機よりも低投与だよ、と有機側のある人に話していたところ、「それは批判だ」と諭されるように批判されて面食らったことがある。こうなると反省はポーズで「批判」批判は、単に自己防衛のためか、と勘繰りたくなる。


「批判はいけない」を声高に言うことは危なくないか?これでは社会や他人には何事も無関心でいなさいと言わんばかり。何も言えなくなるではないか。言論封殺というか抑制というか、そんなのがどこにでも幅を利かせて実に窮屈な世の中である。批判を恐れず自分の意見を言う、って特に子ども達にも伝えたい大事なことじゃないか。


そもそも批判とは、自分がしたつもりはなくても、相手がそう受け取るんだから絶対になくならないものだ(8年前に書いた→ )。いけないって言っても絶対に無理。


何ごとも業界化、利権化してくるとロクなことにならない。「批判はするが対立はしない」で行けばいい。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page