top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

改めて、田津の農地をどうするか

一昨日書いたように、酷暑の中を緑肥の粉砕をしていて辛いことがある。暑いということよりもっと大きなことで、これらの農地を今後耕作し続けていくことを迷っており、こんな労力と経費をかける甲斐があるかということである。


このたびの洪水を受けて、これだけの農地の活かし方が見えないのだ。秋まきゴボウに使える畑を当面借り続けることは確定。それが全部で2.4ha。残り4haをどうするか。返してしまえば楽になるという気持ちと、それではあまりに寂しいという思いの両方がある。多い時はこの30haの田津の農地のうち、うちが12haを借りていたのだ。それを3年前に半減させ、そしてこのたびの悩み。「洪水と共に歩む」という覚悟はすっかりどこかへ飛び去ってしまった。50年に一度級がわずか2年でやってきたという事実は、あまりに重い。


栽培作物の今一度の見直しはやりたい。だがそこに難題が付きまとう。考えれば考えるほど迷宮入りしそうだ。


不採算部門を切り捨て、規模も縮小して身の丈でやれば、もっと楽な人生になることは数字的にも間違いないだろう。しかしこれまで何度も書いてきたように、それをやっちゃあおしまいだ。アップアップでやってきたからこそ、高いレベルの経営になった。まだまだやれることはあるはず。


最近受け身になっていたということはある。まだ50だし、ここはまた攻めるというのがいいのかもしれない。子供らが大きくなっていけば私も再び元気になるはず(笑)。当面の課題には、可能性を残す方向で考えていきたい。



土間の柱に貼った息子らの絵。上のでかいのが次男。下の小さいのが長男。頑張れ、俺。

最新記事

すべて表示

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

明日から雨

明日午後からの1日半で150mm予報が出ている。それだけ降ったら、畑も転作田も次はいつ入れるかわからなくなる。ついにギロチンが落ちる。 しかし今回はやるだけのことはやった。大豆は残るは土寄せだけで、もう失敗することはないだろう。そして洪水にも遭わない。今田地区は堤防ですべて囲まれたから。 田んぼの除草も今のところは順調。こちらは雨でも進めていける。 気がかりはただただゴボウ。明日2回目が掘れるとし

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page