top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

何度でも、6月繁忙期について

先ほど大豆を播き終え、途中1週間程度の中断をはさんだものの、およそ2か月余り続いた超繁忙期がこれにて終了。​長く感じたのは梅雨明けをまたいだから。そういうもの。


ゴボウの収穫はまだ続いているし、遅蒔き大豆の除草作業はまだこれからだ。でももう量が知れている。あとは淡々とこなしてゆけばいい。


集計すると、この60日間の総労働時間、504時間。1日平均8.4時間。1日4時間以下の日が4日。7月3日から11日の9日間は悪天で比較的のんびりしたから、それを考慮すればそれなりのもの。


それでも10年前ごろと比べれば格段に楽になっている。ここを楽にすることが今の農業の継続に繋がるのだと念じてずっとやってきて、たびたび書いてきた。楽にしつつも、経営のトータルの拡大は考える。そのために麦を切り、ニンジンを切り、今年はサトイモも切った。


でもまだ楽になるはず。天候に強く影響される商売だからそう計画通りにはいかないのだけれど、また来期の構想を立てている。ちなみに、楽にする、イコール怠ける、のだと思ったら大間違い。田畑の管理の質を上げるために楽になる必要があるのだ。何だ、楽になった部分をまたどこかへ投資するんじゃ変わらないじゃないか、と言われたこともある。だがここが言い難し。なかなか分かってもらえないところでもある。


誤解されることはまだあって、人を雇えとか、栽培方法を変えてというアドバイス。上に書いたことが一見して解決しそうなんだけど、うちがやりたいのは自然栽培の実践なのだ。この故郷の地で自然栽培メインの経営を続けていくとどうなるか、というシンプルな実践。ここが第一義で、この実現のために、自然栽培の難しさとか洪水とかド過疎とかの前提を踏まえて有利な方法を考えていく。そうすると、そういうアドバイスはなかなか解決策になり得ないのだ。



炎天下で焼けた体を冷やすために、大型冷蔵庫前にしゃがみこんで休憩中。大桶で水浴びする下の子2人。いいな、あんたらは。この子らが大きくなったら父親としての出番が今より増えるだろう。そのためにもさらなる改善が必要だ。

最新記事

すべて表示

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page