top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

新しい除草機の導入

新しい除草機の試運転。



また除草機買ったのか!と呆れられるかもしれない。私がやる乗用タイプによる除草が毎年タイミングよくできずにコナギにやられているので、春まきゴボウの作付けをやめた今年からこの時期に手が空く女房がやるといって導入したわけ。さすがに乗用は女房にはきつい。


始めは調整が??で焦ったけど、いろいろやるうちに上手くいくようになった。写真のへっぴり腰っもこの後の調整で改善された。あとはこの手に不慣れな女房がどこまで使いこなせるか。


ちなみに島根県なら要件を満たせばこの除草機導入には補助金がつく。残念ながらうちは満たさないので全額自腹。これが高い機械となるか相応の機械となるかはこれからの効果次第。台所は災害続きのため当然楽でない。祈る気持ちだ。

最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page