• 反田孝之

新型コロナウイルス対策本部より お知らせいたします

ピン ポン パン ポン

『こちらは 防災 〇〇市です。

新型コロナウイルス対策本部より お知らせいたします。


現在 新型コロナウイルス感染症が拡大しており 〇〇市においても 感染者が増えています。しかしすでに 従来の新型コロナウイルス感染症とは異なり 解熱剤を飲んですら ほぼ重症化しなくなっており ほとんど 恐れる必要はありません。


ただし 不自然な行為は 体の別の病気をもたらします。次のことに 注意しましょう。


発熱は 体の防衛反応です。解熱剤等で 無理やり熱を下げることは 大変危険です。風邪の症状が出て 発熱しても 解熱剤等を服用せず 自宅で安静にして 自然に治しましょう。


咳やくしゃみの出る人は マスクを着用しましょう。それ以外の人は マスクをする必要はありません。むしろ 他の病気を引き起こす恐れがありますので なるべく しないようにしましょう。


手の表面には ウイルスの付着を防いでくれる 細菌が存在しています。手洗いの時は なるべく 石鹸を使わないようにしましょう。手の消毒は しないようにしましょう。


現在 PCR検査を 無料で実施しています。しかし 多くの人が検査を受けることは いたずらに陽性者を増やし 職場や 学校などを混乱させ 他の人の迷惑になります。むやみに受けることは やめましょう。 


マスクをする しないは 自由です。ワクチンを 接種する しないも 自由です。お互いを非難したり 差別したりすることは やめましょう。


以上で 放送を終わります。』



ピン ポン パン ポン

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ