• 反田孝之

新聞が2日分あればご飯が炊ける

3連休が終わった。ホッとするなあ(笑)。


この時期はビニールトンネルの温度管理を筆頭に、種もみの予措(よそ・準備のこと)などのせいで常に何となく自宅待機ということが多くて、子供らのために割り切った時間を使うことができない。それでみんなで自宅でわらわらと過ごすという羽目になり、これがまた厄介。


と言いつつ私は3日のうち半分は仕事。本音を言えばずっと仕事をしていたい(笑)けど、さすがに次男と末っ子の相手をずっとでは女房の負担が半端でない。周囲に子供がいないってこういうことよ。


そんな中でのワンシーン。竹で炊飯。


次男がもうずいぶん前からリクエストしていたので、いい加減にやろうということに。数年前にも1度やった。これでしばらくやらんでいいだろう(笑)。


ちなみにこれは竹を斜めに切って蓋にしているけど、本当は横に切ってやった方が何かと上手くいく。ノミがなかったし、つい面倒くさくて斜めで。


若い頃はこんなことでよく遊んでいた。米一合を新聞紙だけ燃やして炊くのに何日分の新聞があればいいか、とかね。2日分で美味く炊けたときは嬉しかった。全国紙だったから枚数も若干多いけど。東京の国分寺市のアパートの敷地内で隠れてやっていたことだ。


準備の間にトンネル締めに行ったりして相変わらず落ち着かない中だが、まあいい休息になった。酒の飲み過ぎの後遺症がなかったらもっと気持ちが良かったんだろうけど。



庭が広くいい環境なんだから、近所に子供がいればもっと賑やかなんだろうけどね。つくづく大変な時代だ。

最新記事

すべて表示

一昨日、あまりに天気がいいし、土曜日だし、子供が海に行きたいって言うし、ま、いいだろうと思って出かけてみたわけよ。そしたら気分が悪くなって、運転してない間は車の中でずっと寝てて、昼に家に帰ってからはただただ気分が悪くてずっとコタツに入ってくたばるハメに。 翌、日曜はやるぞーっと気合を入れていたのに、朝、まったく動けん・・。誰か引き留めてくれないかなーと思っていたら、次男が「やすんだら」。じゃあし

昨日は母の命日。5年前の今日の慌ただしさを思い出す。最後に母に会ったのは亡くなる日の5日前の11月8日。その間、母は九州に行っていたので会えなかったのだ。この5日間の空白が今だに悔しく心に残る。 最近作業の合間に、遠くを見ながらぼんやりと過去を振り返ることが増えてきた。すっかり老いぼれてしまったかのようなことを言う。これを冬へ向かう季節特有の哀愁のせいにしてしまうこともできなくはない。 しかしここ