top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

新規圃場のたびに少し途方に暮れてみる

朝から半日かけてレンコンの植え付け。写真撮るのをすっかり忘れた。わずか4a(400㎡)だから趣味みたいなもの。もちろん労力は趣味以上。 圃場は10aの新規圃場で、これまで慣行栽培で稲が作られていた。耕土が珍しく30㎝もあり、下層の土はセオリー通りに腐っていた。これからまた、少しずつ良くしていかねばならない。そしてプラスチック肥料の残骸の丸い殻がぷかぷか浮いている。前耕作者は使っていなかったので、何年も前のものが今だに残っているという事実に閉口する。 新規圃場は他に2.2haある。籾殻暗渠を施工していてここもグレーの土塊がたくさん上がってくる。この再生を今までにずいぶん繰り返してきたなあ、と。またやるのか、と。土を良くしていくということは、何年ものの圃場であっても常に進行形。ただそれは年数を重ねると自然の力に委ねられるようになるのに対し、初期段階ではやっぱり人間の手は大事で、大変だし、辛抱が必要だ、それを思って少し途方に暮れてみる。 新たに農地を借りるということは、我々自然栽培農家にとってはこういうことなのだろう。逆に言うと事情あって農地を借りつつづける限りは、これこそが我々の人生かと。 午後は新規圃場の籾殻暗渠の続きをやってくる。明日からの雨はかなりの量らしい。暗渠を入れて置けば乾きやすくなるので、何とか今日中に終わらせたい。同時にこの暗渠は単に圃場を乾きやすくするためだけではなく、圃場の土の再生の助けとなるのだ。

最新記事

すべて表示

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

続・自然栽培水田の変遷の成り行き

自然栽培稲作圃場の変遷の成り行きの続きを。 今年から自然栽培稲作用にした圃場(というより平均2haごとのブロック)は、12年前の大区画化圃場整備以降、大豆を8~9回、稲を2~3回作ってきたところである。そしてこの間1粒の肥料も入れていない。数あるブロックの中でここにしたのは、お米を作った時の草の程度が常識的だったことと、耕盤が平らで安定していることがまず挙げられる。除草機をタイミングよく使えばまず

・・・

暑い暑い暑い暑い暑い~。いくら暑くても、この梅雨の晴れ間は儲けろという天の声。ここでやらぬ手はない。体はぼろぼろだが、意気は高揚。侍ジャパンのチャンステーマが鳴り響く。時々なぜかスタンドアローン。 いい年にする。そして夏は子供らと山へ行く。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page