top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

新規圃場の大豆

大豆の収穫が始まっている。今日で3日目。2haが終った。



昨日までの圃場から一転して草がない。これだけないと実に気持ちがいい。新規圃場。判明している限りでは、今までずっと水田だったところ。もしかして有史以来かも。そして水はけがいい。そりゃ、こうなるよ。


でも収量は見かけほどではなく、いまいち。反当130キロくらいか。まだ刈ってないけど、むしろ連作14年目圃場の方が良さそう。まあ明らかに品種のせいがあるから、これ以上は言わん。


ちなみに生えている草は、いい土に生えるのだとよく本に載っているような種類の草ばかり。でもここ、土は腐っていたし長年化成肥料ぶち込まれているから絶対にそんなことない。あの草・土ネタって単に土の物理性の問題なわけ。あまりに幅利いてて面白くないんよな。

最新記事

すべて表示

大豆の播種直前耕うんを開始

朝から大豆の播種直前耕うんを開始。今までで圧倒的に一番早い。 田植えと大豆播種の順番をひっくり返したため、この時期になっている。昨年もそのつもりだったが、5月に雨が多くて結局播種は田植え後になってしまった。今年は天気予報を見る限り、どうやら行けそうだ。 このまま播種までできれば、1回目の除草が6月上旬になるため、上手くやれる可能性がかなり高まる。しかし,ながら、もし天気の都合などでできなかったら、

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page