top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

早くも大豆が熟れる

おお、1週間もまともに更新していないではないか。それとなく聞かれるはずだわ。大豆収穫の準備でてんやわんやのここ数日。


天気次第で明日から刈る。この時期に熟れるなんて2012年ぶりだ。一部を早生の品種に変えたせいもあるけれど、晩生の品種もそろそろ刈り時期。大豆ってどうしてこんなに熟れる時期が毎年違うんだろうね。


4日前の写真。早播き型は一見して良くできている。


葉が黄化することなくいきなり枯れ落ちたからちょっと心配。歩留まりってどうなんだろう。

最新記事

すべて表示

今年から大豆は少しゆっくり進められるようになったはものの

明後日に予定している一発目の大豆の検査を前に、何だかんだと忙しくしていたところ、先ほど電話がかかってきて、検査員さんがインフルにかかったため検査ができるかが微妙とのこと。その場合は年明け2週目になって、卸先への納品が怪しくなる。まじか~、そうよな~、こういうことがあるわな~と。 昨年からすぐ隣のJA倉庫で検査が受けれることになっているので、今年はあらかじめそのつもりでいて、今までの納品のタイトさか

大豆が難しい

残る大豆の熟れが悪い。それで作業の段取りが難しくなっている。 大豆はつくづく、難しい。それでも圃場条件がそろっていれば、そして前提として農薬・肥料を使い他の作物と輪作をきちんとするなら、そこまでではないということを周囲を見て思う。自然栽培の実践初期の頃は大豆は施肥をしない方が間違いなく有利だと確信した。しかし近頃ではそうでもない。輪作として適当な相棒がいない場合は・・・ここからはいろいろ思うことが

bottom of page