明日から息抜き

明日から息子と2人旅。都道府県最高峰巡りの続きで、岡山県の「後山」と兵庫県の「氷ノ山」。それぞれ22~25年前に1度訪ねた山たちだ。


連日の暑さの中の作業でかなり消耗している。体の回復は見込めんけど、気持ちだけはきっと何かが見込める。いつもそうだから。でもきっと暑いだろうなあ・・。


災害復旧の一コマ。炎天下の中の竹の焼却。1日2時間が限界。まだまだ始まったばかり。切ったからにはやらねばならない。憂鬱。


最新記事

すべて表示

サラシ包帯32日目

お盆前後で山に登り過ぎて左膝を痛めたことは以前書いた。そして9月7日からサラシ包帯を巻いている。私がときどき「片足」と書いてきたのは、そのせいでビッコ引きながらでないと歩けないから。 このたびの負傷は、いつどのタイミングでやったのかがはっきりしない。後山、氷ノ山では何とも感じなかった。帰ってきて仕事をしていて何となく痛いなあと。それでも大したことがないので大山に行った。大山ではさすがに下りで痛みを

ようやく梅雨明けの兆し

天気予報で、ようやく梅雨明けの兆しが表れた。 今の農業を始めて17回目の梅雨だが、これほど田畑が乾く暇がなく、期間の長かった梅雨はない。私の経験では、春に旧暦の閏月が入る年は夏前後が乱れやすい。今年はまさにその年だった。 気象条件を言い訳にできるほど、経営に余裕はない。何度も書いてきたが、気象に左右されない栽培技術の確立にジッと取り組んでいくしかない。