top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

春には珍しい干ばつ

この春のこの雨の降らなさったらどうだ。私の記憶(記録)だと、最後のまとまった雨は4月26日である。以降ときどき降りはしたが、畑をしっかり湿らせる雨というものではなかった。


地域によっては田んぼの水の争奪でもめ事が起きているらしい。その点うちの用水は、天井川になっている中規模河川の自然流下水だから水量の心配がまったくない。ありがたいことである。


しかし畑はいくらかまずくなっている。今必死で播種前耕うんをしている大豆予定圃などは、トラクターで耕すと土ぼこりの白煙がもうもうと立ち上がって前が見にくいほどである。そのため土は小麦粉のようにサラサラ。これではひとたび大きな雨が降れば一瞬でガチガチの土になってしまう。だから本当ならひと雨降るのを待ってから耕うんするといいのだが、週明けの降雨量も大したことはなさそうだし、経営的な事情には勝てず、じっと念じて博打と思って突っ込んでいる。



またゴボウ。今日、保育園のイベントで何本か抜いたところだが、土が硬く締まっていて手ではとても抜けるものではないし、珍しくこの時期にスが空いている。もちろん味には何の影響もない。が何かと説明を強いられるのが面倒くさい。また予想通りでゴボウが長く、それ自体は歩留まりが上がって大変いいこと。しかし専用収穫機で抜けるかどうかという大問題がでてくる。抜けないのなら洪水から脱げ切ることが難しくなってくる。


つくづく、大変な時代になった。

最新記事

すべて表示

感動の内覧会

凄い場に参加させていただいた。親しくさせていただいている㈱三維の新社屋の内覧会。たかが内覧会で感激というか感動というか元気を得られるということを、ほとんど想定していなかった。掛け値なく文字通りで忙しい中を、行って良かった。 SUKIMONO㈱の設計はいうまでもなく、周囲の敷地にも、注目されている環境土木の工法を取り入れ、素晴らしい空間を生み出しつつある。そしてこれらを一通り堪能した後に、社長のあの

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page