top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

最悪の繁忙期に突入するぞ

降りゃあがったよ。一晩でおよそ50ミリ。また転作田の作業がしばらく進められん。


今年は度々書くように、田植えを2回に分けている。前半2.2haが昨日終了した。



ということで転作田が乾くや否や、いよいよ年間で最悪の繁忙期に突入する。まあ今でもすでにヘトヘトでやってるんだけどね。


この繁忙期の、残る主な作業は次の通り。このうち水田除草の半分は女房の分担。


・大豆予定圃の耕うん 延べ11ha

・大豆播種 8.2ha

・大豆除草 延べ16.4ha

・水田耕うん 2.3ha

・代かき 2.3ha

・田植え 2.3ha

・水田除草 延べ(最低)9ha

・緑肥播種 1.3ha

・緑肥収穫 0.1ha


これだけやればこの繁忙期は終わる。これを何とか6月中旬までに終わらせたい。天気がすべて。ここまで来ればただただ祈るのみ。おお、書くんじゃなかった。気が遠くなってきた・・。


畑が乾かない今日はコマゴマとしたことを淡々と進めている。掘り起こした石の回収・撤去、田植え機のメンテナンス、除草機の回送などなど。いざ乾いた時のために本線以外のことは妥協なく片づけておくのだ。


日曜の明日は半日は休んでおきたい。その後はおそらく最悪の3週間になりそう。必ず生きて生還する。そしていい年にしたい。

最新記事

すべて表示

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

雨が多い

今年は田畑が乾かないなあとボヤくだけでは収まらず、すこし焦ってきている。降水量や降水日が例年より多いのだ。実際に調べるとそうなっているが、調べるまでもなく今年は感覚でも明らかだ。 おかげで10月騒動のため溜まりに溜まった作業に、まったく手が付けられずにいる。という状態であっても、昨年に引き続き「大豆播種」→「田植え」の順で決定したから、稲の準備が半月遅くなっていて、そのおかげで何とか今はまだ、一見

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page