• 反田孝之

本当は社会的にもっと動きたい

ここしばらくコロナのくだらない騒ぎのことを書いている。ホントはね、こんなところに書いたって仕方がなくて、もっと自由な時間さえあれば、もう少し実のあることを動いてやりたいんだけどね。社会運動ってもともと決して嫌いじゃないから。


ちょっと違うかもしれないが、地域やPTAの役員さえ、義務でなければ確実に逃げ回る今の私だが、本当はこういうのも嫌いじゃないわけ。高校では1000人を超える高校の生徒会副会長や寮長、大学ではサークルの部長や学級委員みたいな役とかもやってきたりした。しかし今の私の農業人生。こういう役受けは物理的に無理なのである。


それと一緒。公式の手段がある知事や首相官邸へのメールくらいは、あまりに手っ取り早いからすればいいのに、その暇もない。「こんなもの書いている暇があるじゃないか」と言われるのは筋違いで、これは休憩の一環なのだから、これを書く代わりにそんなものを書いていたらさらに別に休憩が必要になってしまう。


この頃も実は仕事は火の車。冬は暇だと思われるのだが、年賀状の代わりに出してきた寒中見舞いすら今年はまだ書けずにいる。この冬のミッションは、6月中旬からのゴボウ収穫を可能にする→そのために3~5月の本線以外の段取りをことごとく終わらせておく、ということがある。面倒で書かないが、これ、かなりのボリューム。さらにそれらをやる前に、稲と大豆の乾燥・調整機械の掃除や電気柵の撤去作業、各種機械のオイル交換などのメンテナンスが必須。それどころか、今時分はそれらすらできず書類の山と向き合っている。


一方で草取りマラソンは最優先の日々の追われごと。現在1回目進捗率が90%。あと一息というのに、草が日ごとに増えて能率が落ちる(すでに倍以上に時間がかかっている)から妥協せずに急がねばならないというのがこの作業の面倒なところ。


今日はこれから築堤のパブコメ書きを始める。1時間半経ったら草取りに向かう。

最新記事

すべて表示

前回更新から6日も経つのか。まあ相も変わらず忙しく動いている。きっと余生はこうやって過ぎ行く。 私の人生を一言で表すなら「仕方がない」人生だ。自分はこうするつもりはないんだけど、仕方がないからこうするんだよ、の連続。私の意志というものを充足させられる機会は日々の中であまりない。自然農業を人生のベースに置けばこうなることは「仕方がない」のだろうと思っている。 以前たびたび「根本」と「対症」につい

今日は久しぶりの本降り、を通り越して大雨予報。今月の半ば以降、そのうちにやって来るこういう雨までにやっておきたいことをひたすら進めていたのだが、実は先週末にケチがついた。体調不良になって3日も作業を休んでしまったのだ。 昨日は全開で進めたが、やりたかったことのうち多くは間に合わなかった。まあこのたびは貯金しながら進めていたため、まだまだ挽回の余地がありそうで焦りは小さい。ただこれからのことを思う