top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

本物の食育とは

千日回峰行の中、イベント2日目が無事(?)終了。



ここは今年新しく始めた取り組みの場だ。うちの農地の一角で、わずか100㎡ながらも地元小学校5年生の手によって、大豆の種まきから管理、収穫を経て、味噌づくりまでをやってしまおうという企画なのである。(右側はうちの大豆)

常々、学校教育で為されるべき本当の食育とは、ノスタルジー充足の域を出ない田植えや収穫の体験などではなく、農作物を栽培し最後に種採りをし、それを次に繋ぐことだろうと考えてきた。その中でも種採りのあとに日本の伝統的な主要食品の味噌にまでなる大豆の栽培は、その容易さもあって最高に意義深い取り組みになるだろうと。そのことを何かの時に栄養教師に話したところ実現したわけである。


種まきは6月1日にやった。今日は1回目の土寄せだったのだが、予定ではもう10日くらい早くにやるはずだった。しかしこの度のうちの種の発芽率の問題に、子供らの下手さが加わって、発芽が散々に。そのため苗を別に立てて、先日先生たちと植え替えて、ようやく今日になったのだ。手と手ぐわを使って、まあ寄せるには寄せたが、いまいち草がね。さてさてどうなるか。


今後は2週間くらい先にもう一度土寄せ、9月頃に草引き、10月に収穫・乾燥・こんのうという予定だ。そうして何とか次学年に種を繋ぐ恒例の取り組みになれば嬉しい。


しかしながら農作業がこんなチマチマしたものだと思われても面白くない。ちょうど乗用除草機が目の前の畑にあったので、最後に爆走土寄せを披露した。時速8キロくらいで爆走する除草機を路肩沿いに追いかけてくる子ども達の顔が意表を突くくらいに生き生きとしている。こういうシーンをもっと見せたいね。

ところで前回の種まき時の最後に、大変驚くことがあった。私の説明を補足するように栄養教師が自然栽培のことを言い出したのだ。「ちゃんと予習して来たよね。反田さんの栽培の特徴は何だっけ?有機栽培でもない自然栽培だったよね。ここが大事なんだよ。」みたいに。いやはや、理解はそこまでいっていたのかと。難しいかなと思い、敢えて私の方からは子供らには言わなかったのだが、ここ数年打ち続けてきたジャブは先生にはきちんと伝わっているのだ。何とも嬉しいと思うと同時に、遠慮はいらない、私は私が思うように攻めていくのだ、と改めて思いを定めたことだ。

最新記事

すべて表示

また発熱しない風邪

一昨日まで体調を崩し、昨日から始動。おかげで体の芯から疲れが抜けた。今年は年末に体を壊さなかったし、このまま何となくゆるくやって逃げ切ろうと思ってたんだが、そういうレベルではなかったみたい。来年からの参考にする。 ちなみに発熱はなし。それでそれなりに心配した。発熱すればまずは安心、しなければちょっと不安、ってのが常識になればいいと願う。これだけで世の中の大概の問題は解決する。 でもこのたびは発熱し

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

bottom of page