top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

柔軟剤で参っている

昨日から寒波。2回目として再開している草取りマラソンも中断だ。2度以下だと指先が痛い上に、草が枯れない。 話は全然変わるんだけど、「香害」というものが徐々に認知され始めているらしい。化学物質のにおいの害。私もこれにはずっと悩まされている。

→ 日本に新しい公害が生まれています 記事は他にもいくらでも見つかるので知らなかった人は調べてみて欲しい。


私が一番困っているのは衣服につく柔軟剤の匂いだ。すれ違う人なら一瞬のことなので問題はないが、来客とかでこれがきつい人が稀にいる。仕方なく帰られた後、窓を全開にして換気をする。 そして定期的に困っているのが、子供らが持ち帰る給食の白衣。前の人が使った柔軟剤の匂いは洗濯しても落ちず、これが強烈に匂うのだ。仕方なくこれだけ軒下に干している。 また屋外であっても観光地や混雑する登山道ではかなりきつい。1年半前のお盆直後に大山に登った時は具合が悪くなる一歩手前だった。この時は他に香水と虫よけスプレーの匂いも混ざっていた。自然を求めて行った大山でこの実態は何とも皮肉である。 柔軟剤も香水も、使っている人はよく平気なものだ。柔軟剤ってそもそも使って何かいいことあるんかなと。私ら夫婦のようにこのにおいが堪えるという人はかなり多いようなので、もっともっと認知が進むことを願っている。

最新記事

すべて表示

因果な仕事

小学校は1学期最後の日ということで、朝から元気な小4と特に小1の我が子。まあ賑やかなことで、相手をするのが大変だった。静かで落ち着いた朝にあこがれる。 もちろんそれが勘違いであることも知っている。いつかそうなるであろう、寂しい朝。静かではなく、寂しい朝。あんな日があったなと、しみじみ思い返す日がそのうち来ることだろう。 そんなことを思いながら、昨日イノシシが捕獲された現場へ。いた、ウリ坊が4匹。そ

わからないことだらけの人生

農業、とりわけ我々の様な少数派の自然農業のおもしろいところは、作物の育て方がほとんど確定していないというところだ。土をどんな感じで耕したらいいのかとか、何センチ間隔で種を蒔くとか、草をどうやって抑えるかとか、ようするに何から何まで決まった管理の仕方がない。きっとこうだろうな、と逐一自分で考えてやっている。 おもしろいところ、と書いたが、これを逆に嫌なところと感じる人も多いらしい、というかこちらの方

中高生はまずは好きなことをやれ

年度初め、4月1日。我が家には普通は何の区切りにもならない。しかし今年は高校へ進学した長男が、さっそく部活動で初登校ということで、それを感じさせる朝となった。 長男が今の高校を選んだ基準は、部活動である。しかもありがちな強いとか有名なところを選んだということではまったくなくて、一度は部活動としてやってみたかった未経験の競技をやりたくて、それだと強い学校では埋没してつまらないから、むしろ弱いところへ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page