• 反田孝之

梅雨明けとともに、大豆は終わった

うちの経営の大きな柱の一つである今田地区の大豆が、長雨のせいで上手く除草できていないことを時々書いてきた。それでも最後の土寄せさえできれば最悪は防げるもの。その土寄せが、12圃場のうち5圃場まででストップしていた。


そして待望の梅雨明け。土も程なく乾いた。しかしそれと同時に、残りの土寄せの中止を決めた。大豆の花が咲き始めたのだ。土寄せは同時に根を切ってしまうのだが、経験上、開花後の土寄せは収量を下げる。土寄せをした場合としなかった場合を天秤にかけ、どちらが得かの判断。経験はあるが、最後は勘。


大豆は除草期が梅雨と重なるため毎年難儀をするものの、なんとかかんとか凌いでやってこれた。しかし今年のこの惨状。惨敗だ。ついにやっちゃったか~、と。


(連作11年目圃場の今。暗渠排水が敷設されていなかった初年度以来の惨状。)


草が種を大量に落とす来年以降も怖い。でもそれは除草が適期に出来さえれば大した問題にならない。2度と同じ轍は踏むまい。「長雨よ、来るなら来い!」痛快農業の本領発揮といきたい。

最新記事

すべて表示

大豆作付けの判断方法

パイオニア植物であるマメ科特性ゆえか、大豆というのは良く分からん作物だ。例えば地力や肥効と、収量との関係。それから連作と収量の関係。 うちでは毎年8ha前後の作付けをする中で、実に様々な状況を見せてくれる。連作を10年以上やっているところから水稲との輪作もある。畑地もあれば転作田もある。総じて良好な収量ではあるが、なんとかこれをもっと安定化させたい。 生育の良し悪しを予想する一つの目安として、収穫