• 反田孝之

梅雨明けとともに、大豆は終わった

うちの経営の大きな柱の一つである今田地区の大豆が、長雨のせいで上手く除草できていないことを時々書いてきた。それでも最後の土寄せさえできれば最悪は防げるもの。その土寄せが、12圃場のうち5圃場まででストップしていた。


そして待望の梅雨明け。土も程なく乾いた。しかしそれと同時に、残りの土寄せの中止を決めた。大豆の花が咲き始めたのだ。土寄せは同時に根を切ってしまうのだが、経験上、開花後の土寄せは収量を下げる。土寄せをした場合としなかった場合を天秤にかけ、どちらが得かの判断。経験はあるが、最後は勘。


大豆は除草期が梅雨と重なるため毎年難儀をするものの、なんとかかんとか凌いでやってこれた。しかし今年のこの惨状。惨敗だ。ついにやっちゃったか~、と。


(連作11年目圃場の今。暗渠排水が敷設されていなかった初年度以来の惨状。)


草が種を大量に落とす来年以降も怖い。でもそれは除草が適期に出来さえれば大した問題にならない。2度と同じ轍は踏むまい。「長雨よ、来るなら来い!」痛快農業の本領発揮といきたい。

最新記事

すべて表示

ついに恐れていた雨がちの11月となった

3日前から、降り過ぎ。自宅の庭に鍋を置いて観察していて、毎日70ミリ以上は溜まっている。この雨は明日まで続くというからかなり焦る。 焦るのは準備中のゴボウ畑だ。これだけ水を吸った畑はすぐには入れない。いや2~3日で入れることは入れるが、作物の生育に面白くないレベルでは入りたくない。となるとこの涼しい11月に理想の状態がやって来るかどうか。そのうちには来るかも知れぬが、それでは播種が集中して後々苦労

大豆が刈れずにいる

大豆を刈り始める予定だった日から1週間が経った。実はまだ刈っていない。今日はさすがに刈れそうだと家を出たものの、これを書く昼飯時、まだ始められずにいる。天気がいまいちで下草が乾かない、というか、べちょべちょなのだ。この圃場は草が少ないのではあるが、抑草剤を使う栽培のようにはいかず、部分的に、特に外周にはそれなりにある。待てるんなら待った方がいいレベル。 大豆が弾けているのはまだ一部だし、翌日以降に