• 反田孝之

機械のトラブル・メンテナンス続出

機械、機械、機械・・。今の私の心境。


昨日サブソイラの爪のチビのことを書いたけど、最近は機械の故障やメンテ関係のシーンが多い。​まず皮切りがこれ。


2004年から使っているロータリー。軸から油漏れを始めたので農機屋さんに見てもらったら、シールが劣化しただけでなくそこから土が入ってギヤオイルがチョコレートになっていた。今部品待ち。こいつの仕事量は半端でないよ。いつまで持つかな。


そして次に27PSトラクターが。モア掛けをしようとしたらロアーリンクが下がらなくなった。今のところ原因不明。入院を待っている。


じゃあモア掛けはどうするのだ!と焦ったものの、モアに組み換えキットなるものがあるのを思い出した。これで手持ちの大型のトラクターに付けれるように。キットは12年前に一緒に購入していたもの。その存在すら忘れかけていた。あの混沌とし過ぎた倉庫の中でよくぞパーツなどがなくならずに残っていたものだ。今日の夕方までには作業を開始するつもり。


今日は朝からこれ。


こんなことは冬の間にやりたいのだが、チビチビの爪でも大豆後の畝崩しはできるから替えるのが勿体なかった。畝崩しも終わって本当は雨などの作業不能日にやりたいところを、1台が使えなくなっているので仕方なく。半日弱がこれで潰れた。


古い機械たちだからね。いろいろ起こるよ。

最新記事

すべて表示

経営の都合と作物の都合

今日、ゴボウトンネルのビニール撤去終了。これだけ遅いのは4月29日に終えた2013年以来。例年は4月20日前後に終わらせている。 遅くなったのは、苗代設置を少し遅らせたため。苗代を例年より3~4日遅く計画し、天候などの都合でさらに3~4日遅くなってトータルで1週間遅くなっている。稲の管理の都合でこうしたわけだが、どうやらゴボウには面白くない。来年からどうするか。 このように作物間で作業のタイミング