• 反田孝之

次男の遠駆けデビュー

少し長い距離を歩いてみたいという次男の要望に応えて、今朝、家から学校までの6.2キロを一緒に歩いた。長男が8歳の時に9キロを歩いてグダグダだったから、6歳の次男にはこんなもんかなと。


結果、余裕だった。もう少し長い距離にすればよかった。長男の時は暑かったし、彼らはともに暑さに極端に弱いから、今日のように涼しければかなり行けるわけだ。


4歳になったばかりの末娘は最近、高い山へ連れていけ!と言うし、子供らが総じて歩きたがってくれることはとても嬉しい。私の青春も「歩く」という行為とともにあったから。


そういえば娘は山へ行くといつも、上半身素っ裸、パンツを半分見せて走りだす。肩まで溜まった髪を右に左に揺さぶりながら。その先に虫取り網を持った知らない子がいても関係なし。○○原人がまた出たよ・・と、追うのが大変。俺もう走れない体だし。



話を戻して、次男とは歩きながら実にとりとめのない話を楽しんだ。途中で野生の桃の実を食べ、ドングリを拾い、湧き水で手を洗い、小さな橋の下をのぞき込む。歩くと知らないことがいっぱいあるね、と満足そう。そうそう、そういう楽しみを知る人生を送っておくれ。

ゴールについてBGの中西さんと、私がかつてヒグマに襲われた話で盛り上がる。歩く醍醐味を知れば、必然的にそれなりの危険とも出会っていくことだろう。それを乗り越える楽しさも、少しずつ知っていってもらいたい。

最新記事

すべて表示

日常が始まった

ゴボウと水稲で、タイミングごと続きで何とも忙しい。土日も何もないもんだ。へこたれる。 でも今日が小学・中学初日の息子たちにとっては、そんなことはまったく関係がない。下の子は神妙にスクールバスに乗り込み、上の子はスクールバスから路線バスのバス停に変わって退屈そうにジッと待っていた。 おとっつぁんも頑張るから、お前らも頑張れよ。