• 反田孝之

母校の校歌

時間がいくらあっても足りん!! という中で、小学校に入学したばかりの次男が校歌をよく歌うせいで、校歌についてちょっと興味が出た。それで忘れかけている我が母校らの校歌を調べてみた。 歌ってみると高校(松江北高校)校歌がこんないい曲だったかなあと。一番が「山脈」という単語から始まって「出雲富士」で終わるから私にはそれだけでたまらない。『真理のひかりを 求めゆくとき 知性の空は 高くひろく』というのも昇天。こちらから聞ける。トラクターの中で声を張り上げながら、俺も合唱部に入ればよかったなあとか。俺、歌かなりうまいよ(爆)。 中学のはちょっと引き付けるものがないかな。 そして一番はやっぱり小学校。すでになき川越小学校。 『久遠(くおん)のいのち たたえつつ  里をうるおす 江の川  土の恵みも 限りなく  のびゆく我ら 力あり』 何度歌っても涙が出てくる(ウソ)。でもそれくらいいい。なんたって歌詞。よくぞこんな歌詞を作ったものだ。現代では洪水ばかりで厄介者にしかされない江の川だが、昔の有力者はこの洪水になりやすい当地にこぞって居を構えたのだ。それだけ生きるのに有利だった。現代では意味不明の歌詞かもしれない。 ところで私は桜江小学校の校歌はまだ聞いたことがない。中1の長男がいるというのに(笑)。それで次男の口ずさむ歌だけがすべてなのだけど、これがまたちゃきちゃき歌う上に音痴なので微妙に分からん(笑)。ま、そのうち聞く機会もあるだろう。 その歌詞に出てくる「千丈渓」に行きたいというので、一昨日は家族でピクニック。遊歩道の一部は「蜀の桟道」を彷彿させる(言い過ぎ)。


あんなにいい天気で出会った人はゼロ。今の季節までは水もきれいだからいいところと思うんだけどなあ。さすが現代版わが故郷だ。

最新記事

すべて表示

この時期に本線作業がないとは

連日、天気が悪い。おかげで作業場でやれる中仕事も、本線はすっかり終わらせてしまっていて、この時期で考えられないほど余裕がある。そのため今日の午前は、こちらからのドタキャン可というわがまま付きで受けていた雑誌取材も、すっかり楽しんで対応させてもらい、お世話になっている「蔵庭」のシェフさんの義理に報いることができて安心した。そう、どんな繁忙期だって結果的にはこんなこともあるのだ。 それで午後は頭を切り

コロナ対策をすると客は減るんじゃないのかな

新聞に、新型コロナ対策をしている県内飲食店の一覧が乗っててびっくり。凄いね~、まだやるのか~って。 飲食店も大変だ。こういう対策をすることで客の入りは増えるのか減るのかの判断は難しいだろう。行政側も実は苦悩なんじゃないかな。応援のつもりで始めたはものの、状況が変わってきて、あれれ、みたいな。 私のようにこういう対策をしているお店には行きたくない、という人は多いはず。せめて流行っている時なら百歩譲れ