top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

毎日9時間寝ている

年末くらいからずっと、やたらと眠るようになった。まず夜は毎日9時間くらい寝ている(笑)。朝6時半に起きるというのがバス通学の子供らの日課だが、私が起きれないことで家族で寝坊、ということがあって困る。


そして休日の昼間にも3~4時間くらい寝てしまう。当然子供らから残念がられるし、冬の間にやっておきたい自宅周りのことも一向に手がつかず焦っている。


平時の日中はシャンとしているのが救いか。


例年のことだと言ってしまえば大したことではない。ただ他の季節とのあまりのギャップに不安になってしまう。ずっと以前には、梅の花が咲くころにはまた元通りになる、と余裕があった。しかし近年は元に戻るのに少し季節が押すので不安が増してしまう。


古く肉体酷使型労働の人は、シーズオフに湯治などで体を休めて回復を図っていたと聞く。じゃあ自分もそれでいいのかな、と思う一方で、そういう人は短命が多かったらしいので、「それでいい」というよりも「そうするしか仕方がなかった」と考えるのが妥当そうだ。こんな理由で早く死ぬのはちょっと惜しい。だからもう少し何とかしたい。


具体的に改善を目指すのは、いつも書くように「11月繁忙期」だ。この繁忙期を異常にした大豆の収穫~納品の内製化から早5年がたった。この間、小手先の工夫を積み重ねてきたが、これでは根本的に改善しないことは初めから分かっている。そろそろ根本的に手を打っていきたいところ。


案はいくつかある。後は「成り行き」だ。

最新記事

すべて表示

中高生はまずは好きなことをやれ

年度初め、4月1日。我が家には普通は何の区切りにもならない。しかし今年は高校へ進学した長男が、さっそく部活動で初登校ということで、それを感じさせる朝となった。 長男が今の高校を選んだ基準は、部活動である。しかもありがちな強いとか有名なところを選んだということではまったくなくて、一度は部活動としてやってみたかった未経験の競技をやりたくて、それだと強い学校では埋没してつまらないから、むしろ弱いところへ

そういえば私は「はんだ牛蒡さん」だった

先日の「つぬさんぽ」なるお祭りで、「今のはんだ牛蒡さんだよ」とささやきながらすれ違う人たちがいた。こういうことはままあって、その時ばかりは私がゴボウ屋であり、うちのゴボウが認知されていることの責任を痛感する。 そうだったよね。さあ、ゴボウ屋よ。このゴボウを作り続けることは責任ですよ。そしてゴボウそのものの陰に隠れた、今までの工夫と努力の過程を誰かに伝えることも。近ごろ記憶が薄れつつあるが、このなけ

人付き合いでストレスが溜まっている

人間関係でストレスが溜まっている。最近は特に。 一番の理由は、話が通じない。それと短気が多い。しかも世代を問わない。 他人の顔の裏に、支配欲、対抗心、妬み、ひがみなどが、透けて丸見え。話をすれば、論理的に会話がキャッチボールにならなくて、辛い。お互いを穏やかに認知し合った人と普通の会話をしたい。もちろんそういうシーンの方が当然多い。でもそうでないシーンがもっと少なくていい。 まあ、今に始まったこと

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page