• 反田孝之

気が沈んでいる

最近は更新が2~3日おきで定着してしまった感じ。気持ちが何か無性に疲れている。仕事に支障があるレベルではないけれど、息抜きであるこのブログを書くほどの気分では確実にない。


原因は先の友人の死。自分に照らし合わせて、残された旦さんの気持ちをしん酌すると胸が張り裂けそうになる。だから今まであまり考えてこなかったようなこと、例えばもし女房が死んでしまったら、などということを、最近はよく考えてしまう。悪いことではないのだろうが、ちょっと困ったものである。


今日から稲刈りを始めた。またこの偉大なルーティンが始まった。ただ今年は淡々と進めるだけでなく一つ頭に入れておきたいことがある。入院中の仲間の田んぼだ。なかなか刈り手がいない中で、品種が同じで販路が同じなんだから、その1haだけはできればうちで刈ってあげたい。しかし今や稲刈りばかりをやっているわけにはいかない状況である。実際には物理(時間)的に厳しい。さらにここに天気という大きな要素が入ってくる。だから、運が良ければできる、と見ている。


何事も精一杯やるだけのことだ。

最新記事

すべて表示

ゴボウを減らすということ

​前回に続きゴボウの縮小について。 作付けを4割減にするなら、洪水がもし来なければ収量も4割減である。しかし洪水の来た近年に単純に当てはめて比較してみると、2018年、2020年、2021年のすべてで「収量減なし」という、何か計算を間違えているのではないかという結果になっている。つまり洪水が来れば、30棟だろうと18棟だろうと収量は変わらないという当たり前のことが起きるわけだ。だったら作付けを減ら

20代で学んだ現場経営の実践本

経営をどうやって学んだか、とは時々聞かれることである。私の場合は建設業を営む両親から何となく肌で学んだというのが一番大きいだろうと思っているが、強いて言うなら、ある本を挙げることができる。今朝トイレの供を探していて本棚で久しぶりに見つけた本。おお、こんな本があったなと。 「会社をのばす主任とつぶす主任~利益をうみだす現場管理の知恵~」 飯塚孝文著 清文社 トイレでパラパラとめくってみた。内容を何も

50を過ぎて後退した自分を見つめ直す

近頃、寝る前に布団の中でこのブログのアーカイブを見ている。探し事以外で、これだけ気合を入れてみることは珍しい。 なぜ見ているかというと、今一度自分を見つめ直すため。ここ数年、経営がうまくいかない。もちろん毎年のようにやって来る大洪水のせいなんだから仕方がない。しかしだ。もし大洪水がなかったとしたらどうだったろう。もしかしてそれなりに下手な経営になってはいなかったか。大洪水に隠れて見逃してはいないか