top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

法律で2類から5類に変えるだけで解決することなのに、こうやって騒いでいるのが不思議でならない。

コロナの感染や死者がインフルエンザのような感じになってきた。冬になるとやはりこうなるのだ。しかし推定年間感染者1千万人のインフルエンザにはまだまだ遥か遠く及ばないようだし、死者についても2類ゆえの量増しがあるので実際には明らかにもっと少ない。なのにマスコミの音頭でいつまでもこの騒ぎだ。鬱陶しくてたまらなしい不思議で仕方がない。どうやったらこの騒ぎが収まるのか。


方々から感染症の分類を2類から5類へ下げるよう要望が上がっているらしい。結局これしかない。これでこの騒動のすべてが終わる。


今マスコミが大げさに煽っている医療崩壊だって、

2類だから病院が大変なのだ。推定1千万人のインフルエンザで医療崩壊が起きないのは、インフルエンザが5類の指定だからだ。なぜ5類にしないのか。


為政者には思惑があるのは世の常としてまだ諦める

としても、報道があまりにだらしない。ジャーナリズムというものはないのか。報道の現場にいる人の中にも葛藤している人は多いと聞いた。歯がゆくてならない。


今国民や政権が取り組まねばならない最大の課題は、少子化対策だ。この急激な少子化により日本が近い将来沈没することが明らかだからだ。急激な少子化を防ぐためには、という命題を中心にすえて、そのためには環境は大事だよね、経済は大事だよね、非接触型社会はダメだよね、・・・と考えて行けばおのずと方針は決まる。子孫の平和と幸福がかかっている。コロナが2類に分類されているだけのことで振り回されて楽しんでいる場合ではない。


非接触型社会なんてダメダメ。バカ言ってんじゃない。目指すは濃厚接触社会だ。なんだエロ話か、ではない。そういうところまで自然とそうなっていくのが目に見える。この社会は子孫をどうしたいんだろうと思わずにはいられない。今を真剣に生きる延長に未来があるのではない。未来を前提に今の生き方を決めていかねばならないのだ。いつの頃かまでは、そうやって少なくとも日本人は生きてきた。

最新記事

すべて表示

ツキノワグマはたぶん狂暴化している

暑い・・。転作田の表面が白くてサラサラ。播種深に悩みながらひたすら播種を進めている。 一昨日、大変ショッキングな事件があった。帰宅しシャワーを浴びようと風呂に行ったら、窓の外からガサガサと音がする。見ると直線距離で7~8メートルのところの藪が動いている。普通はイノシシだが、ちょっと様子がおかしい。これは熊かも知れないと、息を潜めてジッと見ていた。 そのうち娘が帰ってきて私を見つけて大声で話し出した

大貫橋規制があまりにバカすぎる

ただでさえ道路事情で多くの住民がくたびれている時に、今度は県からの嫌がらせともいえる不思議な規制が。う回路である江の川にかかる大貫橋を一方通行にしたのだ。ということは橋を通ればわずか500mの対岸に渡るために、なんと6kmも迂回しなければならない。 誘導員から説明を受けたときは意味が分からず何かの間違いだろうと思った。何度確認しても、「朝言われたんです・・」と申し訳なさそうな返事。誘導員もこれがバ

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page