top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

法律で2類から5類に変えるだけで解決することなのに、こうやって騒いでいるのが不思議でならない。

コロナの感染や死者がインフルエンザのような感じになってきた。冬になるとやはりこうなるのだ。しかし推定年間感染者1千万人のインフルエンザにはまだまだ遥か遠く及ばないようだし、死者についても2類ゆえの量増しがあるので実際には明らかにもっと少ない。なのにマスコミの音頭でいつまでもこの騒ぎだ。鬱陶しくてたまらなしい不思議で仕方がない。どうやったらこの騒ぎが収まるのか。


方々から感染症の分類を2類から5類へ下げるよう要望が上がっているらしい。結局これしかない。これでこの騒動のすべてが終わる。


今マスコミが大げさに煽っている医療崩壊だって、

2類だから病院が大変なのだ。推定1千万人のインフルエンザで医療崩壊が起きないのは、インフルエンザが5類の指定だからだ。なぜ5類にしないのか。


為政者には思惑があるのは世の常としてまだ諦める

としても、報道があまりにだらしない。ジャーナリズムというものはないのか。報道の現場にいる人の中にも葛藤している人は多いと聞いた。歯がゆくてならない。


今国民や政権が取り組まねばならない最大の課題は、少子化対策だ。この急激な少子化により日本が近い将来沈没することが明らかだからだ。急激な少子化を防ぐためには、という命題を中心にすえて、そのためには環境は大事だよね、経済は大事だよね、非接触型社会はダメだよね、・・・と考えて行けばおのずと方針は決まる。子孫の平和と幸福がかかっている。コロナが2類に分類されているだけのことで振り回されて楽しんでいる場合ではない。


非接触型社会なんてダメダメ。バカ言ってんじゃない。目指すは濃厚接触社会だ。なんだエロ話か、ではない。そういうところまで自然とそうなっていくのが目に見える。この社会は子孫をどうしたいんだろうと思わずにはいられない。今を真剣に生きる延長に未来があるのではない。未来を前提に今の生き方を決めていかねばならないのだ。いつの頃かまでは、そうやって少なくとも日本人は生きてきた。

最新記事

すべて表示

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

農業者のために農業者にしかできないこと

農業をやっている人、これから始めたい人の世話を焼くことが、農業歴を増すごとに増えてきていて、とりわけ昨年から特に多くなっている。機械の斡旋や仲介、農地の相談、栽培技術の相談、販路紹介など、分野は広い。 農業者のサポートというのは、近年では多くを行政が担うようになっているが、一昔前ならそんなことはなかったし、今でもほとんどの行政マンが実際の経営を経験しているわけではないのだから、同業者、つまり我々農

bottom of page