top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

洪水のたびに草が増える

大豆畑を潰すと昨日書いた。40a、1枚。今こんな感じ。



元気に育つ大豆の中を、「イヌビユ」と「ハリビユ」がさらに元気に生えまくる。このままだと収穫不能のレベルだし、今さら抜くのも不可能。電気柵周りの管理があまりに面倒なので、補助金目当てで騙し騙し管理を続けるのもなし。かくして潰してしまうのが最良の方法である。


経営的には当然痛い。順当に行けば補助金と合わせて最低でも45万円の売り上げにはなったはず。さらにここは大豆の種を買い足して蒔き直したところ。電気柵も張ったし、柵周りの草刈りもやっている。つまり経費もかけている。


せめて枝豆になるあと1か月ほど待てればいいのだが、にわか仕立てで売っても採算が合わん自家用だし、電気柵線の撤去が困難になる(洪水が来れば特に)からね。


田津の大豆でこれだけ草にやられたのは初めてだ。洪水の後以降、草が爆発的に生えることがあるが、ここ4年で3度の洪水は、どういうわけか田津の風景を一変させるくらいに草を運んできた。


4年前は「スイバ」と「ギシギシ」、一昨年は「アメリカセンダングサ」、昨年は「イヌビユ」「ハリビユ」、というところがメインだった。種類が違うのが興味深い。もちろん翌年だけというわけでなく、その後数年は生え続ける。とにかく生えまくる。少々の除草の精度では太刀打ちできない。かくしてこの度このような次第になった。ハリビユなんて初めて見たし。

(ハリビユ。8月1日に抜きに入っているところ。トゲが強烈に痛くてはかどらない。)


自然栽培を続けいけば草が減っていく、ということはどうやらすでに常識である。しかしうちは今のところそういう場面を見る可能性は低そう。それが何とも残念である。

最新記事

すべて表示

区切り2題

今朝、今期のゴボウの収穫が終了!安ど感が半端でない。洪水よ、いくらでも来るがいい。ああでも種採り株がまたダメになるから、やっぱり来たらまずいわ。 そして今朝はもう一つ、昨日書いたように目論見通り凶悪犯が捕獲された。あちこちの畔を崩壊させていた母ちゃんと、その子供が一頭。檻の付近で茂みがガサガサしていたので、取り逃がした子供はやっぱりまだいるようだ。何頭いるかが問題。でもしばらくは畔の崩壊等の心配は

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page