top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

洪水後は暇になる

洪水後恒例の、しばしの休息。驚く人が多いけれど、大きな洪水の後は暇になる。田畑に入れないから本線作業がなくなるからだ。多くの人が誤解するのは、家屋が浸かった時はすぐに泥出しなどの作業が必要だからだろう。田畑ではそれはない。


でも田畑以外にも仕事は山積みだから、休息と言いつつ忙しい。昨日今日は主に機械のメンテナンスや作業場の整理を。


これはイノシシ対策絡みであさって使う予定の自走型畔草刈り機。オイル交換やベルトの張り調整。刃を固定するネジが一本飛んでいるのを発見。応急処置を。


他には、農機屋さんと今田地区に張る電気柵の打ち合わせを、浸かった畑の行政の視察の立ち合いも。それから販売先からの問い合わせ対応など。


おそらく明日は、籾摺り機とか乾燥機とかお米関連機械の一大清掃日となる。体が痒くなるから憂鬱。コロナ対策と間違われて恥ずかしいけど、マスクするしかないだろな。


とまあ、じゃあ相変わらず忙しいんじゃないかと言われても私的には大きな違いがあって、体の負担が少ないので、痛めている肘や膝の休息になっている。


淡々と、災害後の日々の紹介ということで。

最新記事

すべて表示

祝・20周年

今月の初め頃にちょうど就農20年目になったというのに、今年はあちこちでそのことに触れてきたから、いざそれを迎えたときにはすっかり忘れてしまっていた。それで今ごろ書いている 。 さっき10年目の記事をアーカイブで見てみた。当時の課題や期待を手に取るように思い出した。この10年はどんな10年間だったかを一言で表すなら、兎にも角にも、最大の懸案だった機械更新が、生来の運の良さもあって上手くゆき、今後の経

雨が多い

今年は田畑が乾かないなあとボヤくだけでは収まらず、すこし焦ってきている。降水量や降水日が例年より多いのだ。実際に調べるとそうなっているが、調べるまでもなく今年は感覚でも明らかだ。 おかげで10月騒動のため溜まりに溜まった作業に、まったく手が付けられずにいる。という状態であっても、昨年に引き続き「大豆播種」→「田植え」の順で決定したから、稲の準備が半月遅くなっていて、そのおかげで何とか今はまだ、一見

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page