top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

洪水後は暇になる

洪水後恒例の、しばしの休息。驚く人が多いけれど、大きな洪水の後は暇になる。田畑に入れないから本線作業がなくなるからだ。多くの人が誤解するのは、家屋が浸かった時はすぐに泥出しなどの作業が必要だからだろう。田畑ではそれはない。


でも田畑以外にも仕事は山積みだから、休息と言いつつ忙しい。昨日今日は主に機械のメンテナンスや作業場の整理を。


これはイノシシ対策絡みであさって使う予定の自走型畔草刈り機。オイル交換やベルトの張り調整。刃を固定するネジが一本飛んでいるのを発見。応急処置を。


他には、農機屋さんと今田地区に張る電気柵の打ち合わせを、浸かった畑の行政の視察の立ち合いも。それから販売先からの問い合わせ対応など。


おそらく明日は、籾摺り機とか乾燥機とかお米関連機械の一大清掃日となる。体が痒くなるから憂鬱。コロナ対策と間違われて恥ずかしいけど、マスクするしかないだろな。


とまあ、じゃあ相変わらず忙しいんじゃないかと言われても私的には大きな違いがあって、体の負担が少ないので、痛めている肘や膝の休息になっている。


淡々と、災害後の日々の紹介ということで。

最新記事

すべて表示

いやーすごかった、WBC。不振だった村上の劇的さよなら二塁打。過去大会の同じく不振だったイチローの逆転打にあこがれて、って言うんだから、あまりにも作られた物語のようだ。ちょうど部活帰りで事務所へ戻ってきた長男とPCで観戦していた。ここで打ったら出来過ぎの物語だなあって。そしたらホントに打ったっていう。そして大谷、吉田、村上の3人で決めるってのもね。 家族がそろって大騒ぎだった事務所が私1人になり、

ほとんどの人には伝わらないだろうけど、私にとっては命がけの件。 この半月くらい、明けても暮れても暮れても考えていたことがあった。昨年から私の中で現実味を帯びている、田植えと大豆播種時期の入れ替えのことだ。5月中に田植え、それが終ったら大豆播種というのが従来の型。しかし大豆播種前後の雨のリスクがそれなりで、これまでに何度も難儀な思いをしてきた。それで例えば5月中に大豆を蒔き、6月に入ってから田植えを

bottom of page