• 反田孝之

淡々と育苗の準備

今日は午前中に次男の入学式、午後に長男の入学式。小学校と中学校で同じ日にやってくれるのはありがたい。でもどうせなら一緒にやってくれてもいいのかも。校舎、隣同士だし。


私はいつものように式には欠席。今日は突然、稲の種籾の芽出しを開始。予定では明日だったが、浸種中の種もみを今朝見てびっくり玉手箱。ちらほら芽が出てるじゃないの。一昨日はまだだったんだけどなあ。昨日見てないからな。芽止めのタイミングが面倒になりそうか。深夜はやだなあ。明日の早朝一発見に来るということで間に合うのかどうか・・。

そして日中はひたすら、育苗関連の準備。苗代の床幅を変えるというだけでシート類や押さえ板を一から準備(カッティングなど)しなければならず手間がかかる。押さえ板はコンパネをホームセンターに買いに行くところからだ。

その押さえ板はこのたびは化粧板で作ってみた。覆土の付着がマシになるかなって。


それにしても今日は足がダルダル。何をしていても辛い、やめたい、横になりたい。もうほとんど歯を食いしばって歩いている。着圧タイツ履けばまったく問題にならんのだけどね。でも今年は極力履かんよ。このだるい足でいく。

最新記事

すべて表示

突風が吹き荒れて育苗トンネルがやられた

暴風というより突風が昨日から吹き荒れて、にわかに慌ただしい。苗代がやられて。 従来のやり方のところは何も問題はない。トンネルにしたところがシートが剝がされてしまった。風が収まらないので直すのは無理。かといって発芽したてなので放っておくと鳥にやられる。それだけならテグスをちょいちょい張っておけばOKだけど、もう一つ問題が。 それはイネアオムシの被害の可能性。2010年に初めて大被害を受け、それ以来裸