• 反田孝之

燃え尽きた

近年よく「燃え尽きる」。


今がそう。昨日苗代を終えて燃え尽きた。毎年苗代ごときではそうはならないのだけど、このたびは苗床幅変更につき冬からずっと段取りを考えていたから。それがそれなりに上手くいって、安堵して、スイッチが切れるって感じ。


なんだそんなことで、と思われるかもしれない。でもそんなことでも何でもかんでも、かなり深く細かく考えるようにしている。そりゃそうよ。あたしゃあんたの様に優秀じゃないからね。


問題は、いちいち燃え尽きること。といっても呆けているわけではない。今日だって朝からゴボトンネルのビニール撤去という重労働をしたところ。午後もしっかり動くつもり。じゃあ燃え尽きるというのは何なのかというと、気持ちについてのことで、頭が働かなくなるというか意識が弱くなるというか。簡単に言うと、ややこしいことを考えるのが嫌になるのだ。


これはそれなりに、大きな悩み。50代なんて身体機能が低下していくんだから頭を回してなんぼだろうに。51でこんなんで大丈夫かって。70代80代で脂ぎってる人って尊敬するわ。若いころは俺もそういう老人になるのだ!と思っていたけど、まあ無理だな。


ああ、呆けて遊びてえ。あんたが羨ましいよ。


最新記事

すべて表示

ゴボウを減らすということ

​前回に続きゴボウの縮小について。 作付けを4割減にするなら、洪水がもし来なければ収量も4割減である。しかし洪水の来た近年に単純に当てはめて比較してみると、2018年、2020年、2021年のすべてで「収量減なし」という、何か計算を間違えているのではないかという結果になっている。つまり洪水が来れば、30棟だろうと18棟だろうと収量は変わらないという当たり前のことが起きるわけだ。だったら作付けを減ら

20代で学んだ現場経営の実践本

経営をどうやって学んだか、とは時々聞かれることである。私の場合は建設業を営む両親から何となく肌で学んだというのが一番大きいだろうと思っているが、強いて言うなら、ある本を挙げることができる。今朝トイレの供を探していて本棚で久しぶりに見つけた本。おお、こんな本があったなと。 「会社をのばす主任とつぶす主任~利益をうみだす現場管理の知恵~」 飯塚孝文著 清文社 トイレでパラパラとめくってみた。内容を何も

50を過ぎて後退した自分を見つめ直す

近頃、寝る前に布団の中でこのブログのアーカイブを見ている。探し事以外で、これだけ気合を入れてみることは珍しい。 なぜ見ているかというと、今一度自分を見つめ直すため。ここ数年、経営がうまくいかない。もちろん毎年のようにやって来る大洪水のせいなんだから仕方がない。しかしだ。もし大洪水がなかったとしたらどうだったろう。もしかしてそれなりに下手な経営になってはいなかったか。大洪水に隠れて見逃してはいないか