• 反田孝之

生産量の維持は不可能ではない。

うちが作る、ゴボウ、お米、大豆。どれもみな需要が「圧倒的に」供給を上回る。こんなにもニーズがあるのに、生産を縮小していかざるを得ないもどかしさ、悔しさ。多くのお客さんをガッカリさせている。


洪水になるなとは言わない。今のように頻発さえしなければ何とでもなるのに。今の状況では「うちだけでは」どうにもならない。


そう、うちだけでは、ね。実は需要を満たすという一点だけなら、理屈ではどうにかなる。私が常々言うように、個人経営体を増やせばいい。複数の経営体で生産量をカバーする。つまり単純にリスクの分散。


ま、不可能ではないけど、これができたら奇跡だわな。


最新記事

すべて表示

う~ん、耕うんで手遅れのところが出てきている。万事を返上して進めているというのに・・。の対応が年々難しくなってきている。原因の大きなのは洪水。これについてはまた触れたい。 それにしても、ヘトヘト。夜が厳しくなってきた。しかし明日からも死んだふりをして進める。