top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

田植えの合間


田植えが始まって、忙しい。ああ、田植え自体が忙しいんじゃないよ。田植え以外の作業が押しているから忙しいということ。つい休憩をあまりとらずにやってしまって、書く暇がない。1.5ha終わって今日から中断。待ってました!再開は月曜から。


田植えってのは、私らのように熟練してしまえばあまりにもルーティンワーク。このクソ忙しい時に、一見して呑気に延々と苗を植えていくという行為は何とも痺れるよ。ここに全部で丸4日を取られる。その間に畑は大炎上って。


いつもならそうならないように済ませておくんだけど、すべては想定外の梅雨入り、雨のせい。早くこれを何とかせんとならん。

田植え機から振り返って見た大豆予定圃。こんなのが数ha。こうやって写真で見ると大したことないけど、実際は凄いんだよ。ここに10日とか2週間後とかに種を蒔くとか想像がつかん。


そんな時に、これから春まきゴボウの畑で、ラウンドアップ大好きおばさん対策を施してくる。何をやってんだか・・。

最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

冬に頑張るということ

ここにきて、忙しい。 山陰の冬は天気が悪いのでなかなか外仕事がはかどらない。逆に言えば、珍しく晴れた日などはたちまち作業集中だ。もちろん一つずつしか進められないので、せめて昼休みを削ってやろうかということになって、これを書く暇がないのである。 今時の作業の「本線」は2巡目草取りマラソンで、「メイン」は機械の掃除やメンテナンスや調整。一部で畑の耕うんも始めたところ。本線もあるしメインもある。なんとも

bottom of page