• 反田孝之

田津の大豆の顛末



大豆の播種。田津の2.8haを昨日播き終えて、ようやく今田をさっき昼前に始めたばかり。でも5haのうちまだ半分以上は直前耕うんが終わっていない(!)から、播種の完了はまだまだ先になる。


運がいいのは意外と天気がいいこと。もし中旬に播種を終えていたら除草がばっちり決まって今年は間違いなく豊作だっただろう。惜しいな。


ここまでもたついている大きな原因が一つあって、これ。


田津ですでに発芽した60aを潰しているところ。イノシシにやられたので播き直すのだ。


以前こんなことを書いた。当時は明らかに密度が下がっていたが、最近はまた増えていた。でも大丈夫かなと思って電気柵をしないまま播いた。そして蒔いて4~5日は大丈夫だったが、それ以降一気にほじくり返されてしまったのだ。


これを見つけたときは本当に血の気が引いた。当然のことながら田津で計画している2.8haすべてに電気柵を設置しなくてはならなくなったからだ。マジか。まったくそのつもりがなかったところに降って湧いた作業。しかも楽でない作業・・。腹をくくって3人でヘトヘトになりながら1日強をかけて2.8ha、8枚をすべて電気柵で囲った。やれやれだ・・・草刈りの手間と、洪水時の対応があまりにも億劫、絶望的に億劫である。


でも田津地区はまあこれで何とかなることはなる。心配は今田地区も。ここも毎日イノシシが出没している。こちらは電気柵の設置は現実的に無理。だからイノシシの数は少なそうだが心配なのだ。


これからは年がら年中イノシシの捕獲に気を配らなければならないということか。しかしさすがに経営的にしびれる。どう考えていくべきか。

最新記事

すべて表示

この時期に本線作業がないとは

連日、天気が悪い。おかげで作業場でやれる中仕事も、本線はすっかり終わらせてしまっていて、この時期で考えられないほど余裕がある。そのため今日の午前は、こちらからのドタキャン可というわがまま付きで受けていた雑誌取材も、すっかり楽しんで対応させてもらい、お世話になっている「蔵庭」のシェフさんの義理に報いることができて安心した。そう、どんな繁忙期だって結果的にはこんなこともあるのだ。 それで午後は頭を切り