top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

田津の農地維持、いい方向へ向かいそう

田津の農地を守る仕組みを運営している。圧倒的に高齢化し耕作放棄地が増える上にマンパワーが足りない中で30ha弱もの畑地を「無理のない方法で」守るためには、いろいろ工夫がいる。そしてそれをこれまで何とかやってきた。


しかし課題も出てきていた。そしてそれは今後さらに高齢化が進めば「無理が出てくる」ことが確実。簡単に言えば人は諦めるとして、お金が足りない。


しかし先ほど有意義な場を設けていただいた。また確定ではないけれどどうやらいい方向に向かっていきそうな感じ。システムだけでは限界。やっぱり、人。具体的には事務局。


まあさらに10年後はどうなるかわからんのだけどね。ド過疎である限り、常に問題はくすぶり続けるよ。


我が子らよ、早く大きくなあれ。課題が多いわが故郷は楽しいぞよ。


(5月22日)


最新記事

すべて表示

自然栽培講座は続く

たった今、当地で行われている自然栽培講座の来年の協議をオンラインでした。 私は2年前にこれを引っ張ってくるところだけに関わった程度で、講座は関係者の皆さんと講師の内藤さんが進めている。3年目の来年も継続する見通しでホッとしているところ。 私としては、大筋の希望がすっかり適っている上に、その先の効果や詳細等は運営側の方々がよっぽど長けておられるので、口出しは一切不要。それで今、いつものように興奮して

給食のお米を変える取り組み

かなり体がまずい。寝ている時とか日中とかに時々気持ち悪くなる。11月繁忙期の恒例なんだけど、今年は繁忙期はまだ始まったばかりだからさすがに不安になる。もし私に何かあったら、次男が大きくなった時に自分を責めるかもしれないから、それだけは阻止したい。って、言ったらダメか。じゃあ一応書いとこ。あんたとの濃密な3週間は、お父さんにとっては楽しいひと時だったよ、って。 というときにばっちりのタイミングで、今

bottom of page