• 反田孝之

田津の農地維持、いい方向へ向かいそう

田津の農地を守る仕組みを運営している。圧倒的に高齢化し耕作放棄地が増える上にマンパワーが足りない中で30ha弱もの畑地を「無理のない方法で」守るためには、いろいろ工夫がいる。そしてそれをこれまで何とかやってきた。


しかし課題も出てきていた。そしてそれは今後さらに高齢化が進めば「無理が出てくる」ことが確実。簡単に言えば人は諦めるとして、お金が足りない。


しかし先ほど有意義な場を設けていただいた。また確定ではないけれどどうやらいい方向に向かっていきそうな感じ。システムだけでは限界。やっぱり、人。具体的には事務局。


まあさらに10年後はどうなるかわからんのだけどね。ド過疎である限り、常に問題はくすぶり続けるよ。


我が子らよ、早く大きくなあれ。課題が多いわが故郷は楽しいぞよ。


(5月22日)


最新記事

すべて表示

今夜は大雨

雨。午前中に倒れそうになるくらいにやるだけのことをやって、午後は本当に倒れた。事務所で午睡をむさぼる。デスクワークが山積みだというのに、何をやってんだか。ま、体力の回復も大事なこと。 線状降雨帯が当地まで南下してきた。大雨は今夜が山のようだ。江の川よりも今田地区そばの八戸川(やとがわ)が、そして大小の谷川の方が問題だ。落石による道路の寸断も。自宅の裏山もそれなりに不気味。 酒はほどほどにして、

つくる大学の講座

そういえば、こんな講座をやる。いつの間にか2日後だ。事務局とやり取りをして改めて思い出す(汗)。 でも大丈夫。構想は頭の中にあるから、あとは明日あたりに資料に落とす。​ 今年は緑肥播種を田植え前にやりたいがためにかなり作業が押していて、ずっと追われている。で今日もこれにてお終い。