• 反田孝之

田舎の農地から日本を憂える

例年この時期は、お米の数量確定のための色選掛けで追われている。しかし今年はあの春まきゴボウの収穫がないし、一昨年までのことを思えばサトイモもなくなったのだから、もっとゆとりがあるはず!と期待していたのに、蓋を開けると今年も追われている。いろんなことが少しずつ手がかかっているからに他ならない。


雨の前に田んぼの管理がセーフだったと喜んだ一昨日も、田んぼと関係のない大豆畑のアメリカセンダングサ切りを3人で、実は午前中いっぱいやっていた。これは洪水由来


そしてイノシシ被害関連に毎日1時間くらいかけている。見回り以外にもごちょごちょと内緒ごともある。これらだって、3年くらい前まではまったく必要のなかったことだ。これらは人口減少由来か。


これから地域の人口はさらに大幅に減る。すでに田津地区の遊休地管理の手間が手に負えなくなり始めているように、今までになかった手間が徐々に増えていくことだろう。体力は徐々に衰えていくというのに。ゆでガエルにならないよう、今のうちによっぽど考えておかねばならない。


こんな状況下にあって、地域の世話役の人が昨日やってきて、うちの経営規模を増やす心づもりをしておいて欲しいと言ってこられた。うちは今、度重なる洪水被害により経営の縮小実験を数年かけてやり始めたばかりである。しかし地域や社会の事情を無視して、自分の都合ばかりで生きて行けるほど田舎暮らしは楽ではない。この界隈で私にしかできないこと、というのが現実にあるのだから、そこだけは担っていかねばならないということをもうずいぶん前から覚悟しているので、世話役氏の言葉にも驚くことはなかった。


地域の沈没は日本の沈没。この沈没が時代の自然現象であるのならまだしも、戦争に負けたばかりに課されているペナルティであるなら、なんと情けなく悔しいことか。解熱剤を飲んですら大したことがなくなったただの鼻風邪にビビっている場合ではないんだが。「お上教」信者は統一教会の信者たちとどう違うというのか。すっかり食い物にされてしまってることを憂い、悔しさの持って行き場がない。あまりの悔しさに、ただ今を凌ぐだけではつまらない、もっと積極的にムーブを起こしたいという願望だけが高まってくる。


負けたくないね。


最新記事

すべて表示

将棋棋士の佐藤天彦 元名人がノーマスクで反則負けになったという事件。将棋連盟というところは昔から何か世間とはかけ離れた不思議な判断軸が幅を利かせている気がしていたが、このたびのこれ。警告もなしで一発レッド、って問題も当然あるけど、そもそも将棋を指しながらマスクをしなければならない理由がちっともわからない。 ​この不思議な​規​​定​ができたの​は、マスクをしていない人と長時間向き合うことを嫌がる人

掛け値なしの​日本晴れの空の下、小学5年生の体験畑の大豆収穫を終えた。刈って、学校に持ち帰って、干すところまで。子供に限らずやっぱり人間って収穫が楽しいんだな、とつくづく。 話変わって、これ。 実際に娘の名前あてで来ると少しドキドキする。何のために打たなければならないのかって、誰かまじめに説明できるは人いるのだろうか。商売医療にどっぷり漬かっている医者は都合のいい適当なことばかり言っているし。だい

子供の体力低下、少子化。これらは最近のニュース。そして周囲を見回すと、「子供には口枷(マスク)に慣れさせたい」とあっけらかんと言ってのける教育関係者がきちんと育っていて、外せと言っても口枷を外さない子供若者が当たり前になった。 実に順調だ。しかし緩めることなく徹底的に叩き潰さねばならない。なんたって、イチローでびっくりしたのに今の大谷だ。先の戦争の後、半世紀以上が経つというのにまだこんな奴らがいる