top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

田面が柔くて田植えを中断

今日から自然栽培田の田植えを開始!と始めて間もなく10aちょっとやったところで中止を決定。田面がちょっと柔いかなと。ここは代を1度しか掻いていないのでこうなる。


補助輪が傾いた苗を踏むということが大きいから補助輪がなければ植えられないこともない。でもこの圃場で補助輪無しは億劫だし、自然区の場合はそれほどいい苗ではないから、できればロスなく植えきりたい。デメリットは気分がくじかれることだけで、中断はこの一手。まあ他人を頼んでいたらこうはいかんけどね。


さて、午後から何をするか。やるべきことが多すぎて判断に困る。いったんは田んぼの除草をしよう!と思ったんだけど、急で水位が足りない。大豆の播種機の準備あたりか。


最新記事

すべて表示

続・自然栽培水田の変遷の成り行き

自然栽培稲作圃場の変遷の成り行きの続きを。 今年から自然栽培稲作用にした圃場(というより平均2haごとのブロック)は、12年前の大区画化圃場整備以降、大豆を8~9回、稲を2~3回作ってきたところである。そしてこの間1粒の肥料も入れていない。数あるブロックの中でここにしたのは、お米を作った時の草の程度が常識的だったことと、耕盤が平らで安定していることがまず挙げられる。除草機をタイミングよく使えばまず

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page