• 反田孝之

異様な暖かさと「みどりの食料システム戦略」

※末尾に前回の詰め将棋の解答

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この時期には異常な暖かさ。特に夜温。おかげでゴボウトンネルの開閉作業が始まったばかりだというのに、何と3日前の金曜に開始して開けたっきり、ずっと開けっ放し。閉めるのは明け方の気温7℃を基準にしていて、つまりずっとそれを上回っているのだ。この時期にこの暖かさは、トンネルを始めた2006年以降で初めてのことである。明日の明け方も7℃行くか行かないかみたいなので、今のところ閉めるつもりはない。実に楽でいい。


ついでに風も強くないし、雨も少ない。暖かくて気分もいいし、体も動く。


と喜ぶのは当然、微妙。天気について言えば、その時々の自分の都合や気分に関わらず、もう平年を大きく外れたことにはなって欲しくない、寒い時期は寒くていい、風が強い時期は強くていい、雨が降る時期は降ってくれていい、とつくづく思う。


国が掲げた「みどりの食料システム戦略」というもの(有機農業比を今の100倍くらいに増やす!とかいうやつ.

)がある。多くの有機農業者から不評を買っているらしいし、私自身もほとんど興味が持てなかったのでよく見ていなかった。ところが訳あって一昨日くらいから時間を見つけては目を通している。


気象変動の原因に農業を強く位置付けるあたりが不評の的になっているのかどうか。いろいろ思うことがある中で、まあこういうのはないよりある方がいい、という最大公約数的なところで納得する。この戦略の中でうたわれているような理由で私は自然栽培をやっているのではないのだが、意義の後付けは、周囲へ啓蒙効果を考えると、自分が絡め取られることさえなければそう悪いことではない。ハチドリのしずく、いや地球の砂粒になって、残された農業人生を地味に堂々とやっていくつもりである。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(1問目)2二銀、同玉、2三不成、1一玉、2一桂成、同玉、3二と、1一玉、2二香成 まで9手詰め。馬が角の場合は8手目から、1二玉、2三香成、1一玉、2二成香 まで11手詰め。 (2問目)2三金、同飛、3四龍、同玉、3五金 まで5手詰め。 (3問目)3二飛不成、1三玉、1四歩、2三玉、3四飛成、2二玉、2二龍 まで7手詰め。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ