top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

療養を機にいろいろ考えた

ちょうど2週間ぶりの更新になる。体調不良を契機に、寛解した後もどうにも書く気になれなかった。この間には「どうしたのか?」と心配の声もいただいた。気にしていただけるというのは素直に嬉しいものだ。ご心配なく。作業も淡々と進めている。


自然栽培の世界を知ってしまった以上、病気というものに対し特別な感情はない。ただ病気の時は、自分の価値観や世界観を見つめ直すにはもってこいかもしれない。


このたびは、毎年11月繁忙期の後に決まって体を壊すという目先の物理的な課題はもちろん、年間を通して社会からの要請にどう応えていくかということをメインに「自分の立ち位置」について新たに決意をしたところ。諸事情あり、ちょっと寂しいことを言うが、社会との関りを縮小させることにした。特に学校に関わる活動は1年間に限定してほぼ自粛するつもり。これについては「実は・・」と数年先にでも振り返ってみたい。


さあ、またいつものように話は飛んで、あと何年生きれるか(笑)。このたび確信したね。死は「2人称の死」だけが問題だとするなら、俺は5年後くらいから病気に悩みながら、15~20年後くらいに死ぬのが一番良さそうだって。それでみんな丸く収まりそう。我が子らもしゃんとするだろう。なんたって本人(俺)がすでにいつ死んでもいいって思ってるんだからね。周りも張り合いがないわな。


コロナ休校で嬉々として遊ぶ次男。大丈夫よ、お父さんは今はまだ死なん。


最新記事

すべて表示

別に。ただ合わないってことよ。

これまでに何度か書いてきたが、私は自分からは嫌いな人がいない一方で、「何となく」という理由でかなり人に嫌われるクチだ。そういう場合は、とりわけ相手が権威主義的であるような場合は、誰に嫌われようがほとんど気にならない。どころかその人をおちょくりたくなってしまう。大の大人がみっともねえな~って。 でもね、私を嫌っている原因が何となく推測できる場合で、かつそれがきっと誤解だとか、私には悪気がまったくなか

次男と一緒に風呂に入るのが楽しい

次男のリクエストで一緒に風呂に入ることが多い。風呂とは面白いもので、長男の時もそうだったが、普段話さないような、そして本音をよく含んだ会話になる。次男の場合、私の体験談というのが多くなる。私にとっては過去を思い出せてくれるいい時間になっている。 中でも彼は、私の「自慢話」や「苦労話」「成功話」「失敗話」的なものを面白がる。これは彼の成長を願う私としてはとても嬉しいことだ。こういう話を毛嫌いする人が

bottom of page