top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

療養を機にいろいろ考えた

ちょうど2週間ぶりの更新になる。体調不良を契機に、寛解した後もどうにも書く気になれなかった。この間には「どうしたのか?」と心配の声もいただいた。気にしていただけるというのは素直に嬉しいものだ。ご心配なく。作業も淡々と進めている。


自然栽培の世界を知ってしまった以上、病気というものに対し特別な感情はない。ただ病気の時は、自分の価値観や世界観を見つめ直すにはもってこいかもしれない。


このたびは、毎年11月繁忙期の後に決まって体を壊すという目先の物理的な課題はもちろん、年間を通して社会からの要請にどう応えていくかということをメインに「自分の立ち位置」について新たに決意をしたところ。諸事情あり、ちょっと寂しいことを言うが、社会との関りを縮小させることにした。特に学校に関わる活動は1年間に限定してほぼ自粛するつもり。これについては「実は・・」と数年先にでも振り返ってみたい。


さあ、またいつものように話は飛んで、あと何年生きれるか(笑)。このたび確信したね。死は「2人称の死」だけが問題だとするなら、俺は5年後くらいから病気に悩みながら、15~20年後くらいに死ぬのが一番良さそうだって。それでみんな丸く収まりそう。我が子らもしゃんとするだろう。なんたって本人(俺)がすでにいつ死んでもいいって思ってるんだからね。周りも張り合いがないわな。


コロナ休校で嬉々として遊ぶ次男。大丈夫よ、お父さんは今はまだ死なん。


最新記事

すべて表示

わからないことだらけの人生

農業、とりわけ我々の様な少数派の自然農業のおもしろいところは、作物の育て方がほとんど確定していないというところだ。土をどんな感じで耕したらいいのかとか、何センチ間隔で種を蒔くとか、草をどうやって抑えるかとか、ようするに何から何まで決まった管理の仕方がない。きっとこうだろうな、と逐一自分で考えてやっている。 おもしろいところ、と書いたが、これを逆に嫌なところと感じる人も多いらしい、というかこちらの方

中高生はまずは好きなことをやれ

年度初め、4月1日。我が家には普通は何の区切りにもならない。しかし今年は高校へ進学した長男が、さっそく部活動で初登校ということで、それを感じさせる朝となった。 長男が今の高校を選んだ基準は、部活動である。しかもありがちな強いとか有名なところを選んだということではまったくなくて、一度は部活動としてやってみたかった未経験の競技をやりたくて、それだと強い学校では埋没してつまらないから、むしろ弱いところへ

そういえば私は「はんだ牛蒡さん」だった

先日の「つぬさんぽ」なるお祭りで、「今のはんだ牛蒡さんだよ」とささやきながらすれ違う人たちがいた。こういうことはままあって、その時ばかりは私がゴボウ屋であり、うちのゴボウが認知されていることの責任を痛感する。 そうだったよね。さあ、ゴボウ屋よ。このゴボウを作り続けることは責任ですよ。そしてゴボウそのものの陰に隠れた、今までの工夫と努力の過程を誰かに伝えることも。近ごろ記憶が薄れつつあるが、このなけ

Σχόλια


Ο σχολιασμός έχει απενεργοποιηθεί.
bottom of page