• 反田孝之

発熱もできないほど体が弱っている

午後から大豆の最後のロットを納品し、その足で個人向け販売のロットを引き取り、今期の大豆が終わった。冬将軍の到来に怯えながらの日々も、サトイモの種イモ堀上げと春蒔きゴボウ予定圃の耕うんをする明日で終止符が打たれる。


実に丸々2か月間に渡る繁忙期であった。昨日ついに10月25日以来の休日をとった(10月25日も強行軍で宮崎県の山に登ったのだが・苦笑)。家族で温泉に行き、すっぽんラーメンを食べ、昼寝をし、という何とものんきな一日。しかし白状するとそう簡単ではない。体の不調が厳しいのだ。昨日は最悪だった。


日中はとにかく起き上がっているのが辛い。胸がしばしば苦しくなる。右ひじと右上の奥歯がじっとしていても重く痛む。夜は布団の中で体の芯から寒くてたまらない。そのせいもあって寝つきが悪く、眠りも浅い。左ひざは相変わらず不調・・。


以前なら簡単に発熱して寝込んで解決していたのに、今はその体力もないのだろう。体の芯が寒いのと奥歯の痛みは昨日一日だけだったが、他の症状はしばらく前から続いている。ちょっと不安になる。


そんなことで、せっかくの休日でも子供らには不評。特に次男の落胆は大きく、悩みを持つ彼を何とかしてやりたいのに、思うように体が動かない自分が歯がゆくてならない。


大方の不調はきっとこの年末年始で収まることだろう。しかし問題はひざ。仕事には困らないが長時間の負担で違和感が増大するという、常に7~80%くらいの調子で慢性化してしまっている。私がしたい子育てには以前書いたように山歩きが必須で、そのために私の膝の完治は必須だ。この冬は気合を入れて治すつもりだ。


とまあ膝はそうだが、全体的にも、とにかくまずは発熱して寝込むことができるくらいに体力を回復させること。今の感覚だともう少し元気にさえなればそうなってくれそうな気がしている。しかしこのご時世だ。発熱したとか言えば大変面倒なことになるので、内緒にしておかなければならない。みんなもっと発熱の仕組みを学んでくれ。無駄か。


いいですか。発熱したらまずは喜んで、薬を飲まずにゆっくり休むのですよ。


最新記事

すべて表示

明けても暮れてもデスクワーク

ここ数日は、明けても暮れてもデスクワーク。草取りマラソン1往復以外はずっとデスクワーク。農業ってのはデスクワークの能力が必須。経営なんだから当たり前。 ほんの今まで、農業共済の担当さんが来ていた。タブレットで苦戦しながらもああだこうだとやられて、それでも事務処理がずいぶん楽になるんだと。時代とともに業務の実際は変わっていくんだなあと、改めて。 我々の仕事だって、デスクワークはもちろんそうだし、今時

力尽きそうな朝の、ありがちな一コマ

昨日、大豆の選別・袋詰めをを完全に終わらせた。今年もやったぞ。なんとも言えない達成感と開放感。そのせいか今朝、布団から起きれない。このまま丸一日寝転んで読書でもできたなら、10月25日以来の休日となって、疲れも取れるし、痛めた膝にもいいのに。 しかしどうでも急がねばならないことがあった。中山間直払制度のとりまとめだ。田津地区に毎年交付されている90万円もの補助金の操作。まずこの1年で農地維持にかか

恩師に刺激をもらう。視界を変えたいね。

昨日リンゴが送られてきた。私の師である造園会社の社長からのお歳暮。お礼を口実に電話をする。懐かしい声。お元気そうで良かった。口ぶりは本当に30年前と変わらない。 「85、6にもなってさあ、会社がいよいよ大っ変なことになっちゃったんだよ。」 すわ一大事かと思いきやそうではなく、密を避けろ、公共交通機関を避けろの掛け声のもと、駐車場や駐輪場の増設の仕事が増え、自分の歳では純粋な土木工事は大変なのだと。