• 反田孝之

「ゴボウを買うな」というゴボウ農家

私が身近に知っているだけでも素晴らしい人(会社)がいる。


牛乳を飲みすぎるなという酪農家

手前味噌づくりの普及をする味噌屋

ご飯を食べろというパン屋

肌は内部からきれいにしろという化粧品屋


みなさん、経済活動の矛盾や限界を知り尽くしている人たちだ。


世の中の諸問題の対応には「根本的対応」と「対症的対応」とがある。経済活動を伴うものはすでに根本的対応にはなり得ない。つまり会社や企業というのは世の中を「対症的に」少しでも「マシ」にするために「仕方なく」活動する存在であり、本質的にはその目的が果たされた暁には解散するべきものでもある。それを自分たちのやっていることが根本的対応だと見誤るから、さらに異なる多くの問題を引き起こしてしまう。


こういう素晴らしい人たちに私も学んだ。「仕方なく」一見矛盾する機械化された大規模経営を行っているものの、私の理想は低投与栽培による家庭菜園の普及する社会である。ゴボウの袋には「野菜はなるべく家庭菜園で育てましょう」の文言を入れている。ゴボウはできるだけ買わずに自分で育てて欲しい。そしてそれができない人だけが「仕方なく」うちのゴボウを食べてくれればいい。真剣にそう思っている。


と言いつつ、一昨日のスピーチは大失敗。石鹸を使うな、は間違っていない。しかし「使うなら・・」のフォローができなかったのは痛恨の極み。情けない。


最新記事

すべて表示

コロナ騒ぎで、何が本当なのかがわからない人へ

この繁忙期を何とか進めていはいるけれど、実は最近この国の「亡国的所作」に絶望するあまりに軽い鬱状態になってしまっている。体に力が入らないのにはその影響も間違いなくある。そんなところにこのたびの「外国人入国禁止」のニュース。そして首相の「批判はすべて自分が負う」発言。負うって、具体的にはどうするんよ。ただでさえ不幸な人が増えているというのに、まだまだ続けるらしい。負うくらいで済むもんか。3人の子の親

コロナ対策をすると客は減るんじゃないのかな

新聞に、新型コロナ対策をしている県内飲食店の一覧が乗っててびっくり。凄いね~、まだやるのか~って。 飲食店も大変だ。こういう対策をすることで客の入りは増えるのか減るのかの判断は難しいだろう。行政側も実は苦悩なんじゃないかな。応援のつもりで始めたはものの、状況が変わってきて、あれれ、みたいな。 私のようにこういう対策をしているお店には行きたくない、という人は多いはず。せめて流行っている時なら百歩譲れ

バカにされる日本人

マスク、いい加減に鬱陶しい。欧米見てみろよ。誰もしちゃあいねえだろ。ああ、俺はやらんよ。でもこの1年半で、トータル4時間くらいはせざる得なかった。この大半が学校の授業。しかしね、みなさん一生やる気だろうか。だから日本はバカにされるのよな。ま、テレビと新聞を信じる国だ、日本は。しょうがないか。 あさっては総選挙。マスクやワクチンが気に入らないからというわけではなく前から思っていること。将来的にアメリ