top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

相手が殴ってきたときに大事なこと

数日前に書いたように、「お前のような奴がいるから世の中が良くならないんだ!」とか言われて殴りかかられた場合の対応を、誰ぞやの参考になるかもしれんから書いておく。ただし相手が目上の場合。目下の場合は経験がない。


基本的に反撃はよろしくない。かといって殴られると痛いのでこうやる。


げんこつが飛んで来た場合は、飛んできた方向に頭のてっぺんを向ける。サッカーのヘディングみたいな感じだと間違って顔に当たる可能性があるので、てっぺんあたりがいい。こうすればむしろ相手の手の方が痛い。


平手とかだと、ぶたれる瞬間に反対方向に流す。そうすればほとんど痛くない。


胸倉をつかまれた場合は、腕を絡ませるようにしてまずは外そうとする。外す前にげんこつとかが飛んできても今度は至近距離なので痛くないし、外そうとしたとき相手も少し痛がるせいであんまり飛んでこない。


ただし、以上は相手が強い場合は通用しないと思われる。今まで弱いやつばかりだったから(笑)。


そして、口では余裕の声を出す。「あちょちょちょ」とか。これ意外と大事。


学生時代にこういう経験をしていたから、県職員さんの時も余裕。すぐに周りの人が止めに入って、私は何事もなかったように「ところで・・」とか周りの人に話しかける。そして次の会議で当人と会った時も、こちらから率先して朗らかに挨拶をした。これで相手の面目は立った(はず)。


酔った勢いとはいえ、殴りかかるってバイタリティがある証拠。今こういう人って少ないだろうね。

最新記事

すべて表示

わからないことだらけの人生

農業、とりわけ我々の様な少数派の自然農業のおもしろいところは、作物の育て方がほとんど確定していないというところだ。土をどんな感じで耕したらいいのかとか、何センチ間隔で種を蒔くとか、草をどうやって抑えるかとか、ようするに何から何まで決まった管理の仕方がない。きっとこうだろうな、と逐一自分で考えてやっている。 おもしろいところ、と書いたが、これを逆に嫌なところと感じる人も多いらしい、というかこちらの方

中高生はまずは好きなことをやれ

年度初め、4月1日。我が家には普通は何の区切りにもならない。しかし今年は高校へ進学した長男が、さっそく部活動で初登校ということで、それを感じさせる朝となった。 長男が今の高校を選んだ基準は、部活動である。しかもありがちな強いとか有名なところを選んだということではまったくなくて、一度は部活動としてやってみたかった未経験の競技をやりたくて、それだと強い学校では埋没してつまらないから、むしろ弱いところへ

そういえば私は「はんだ牛蒡さん」だった

先日の「つぬさんぽ」なるお祭りで、「今のはんだ牛蒡さんだよ」とささやきながらすれ違う人たちがいた。こういうことはままあって、その時ばかりは私がゴボウ屋であり、うちのゴボウが認知されていることの責任を痛感する。 そうだったよね。さあ、ゴボウ屋よ。このゴボウを作り続けることは責任ですよ。そしてゴボウそのものの陰に隠れた、今までの工夫と努力の過程を誰かに伝えることも。近ごろ記憶が薄れつつあるが、このなけ

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page