• 反田孝之

着圧タイツの副作用

昨日の夕方はすっかり足が棒になった。情けない。農繁期と比べると「へ」ほどにしか動いていないのだけれど、動きと言えば四つん這いがメインの冬に筋力が落ちるのはいつものこと。徐々に「リハビリ」をして春に合わせていくことになる。


こうなると、こんな日は去年なら着圧タイツを履いたことだろう。履くだけで足のだるさを感じないようになる。しかしその副作用が何なのかをずっと考え続けてきて(→ 答えは出た。きっと今の膝の痛みはこの影響だ。


足がだるければ、動きは制約される。それで自然に膝が守られていたことだろう。しかしタイツを履けばその防御機能がマヒをする。自覚のないまま膝にオーバーワークを強いることになる。


今年はよっぽどの時以外はタイツを履かずにやるつもりだ。ただ夏の暑い時にあれなしで凌げるかどうか。

最新記事

すべて表示

今夜は大雨

雨。午前中に倒れそうになるくらいにやるだけのことをやって、午後は本当に倒れた。事務所で午睡をむさぼる。デスクワークが山積みだというのに、何をやってんだか。ま、体力の回復も大事なこと。 線状降雨帯が当地まで南下してきた。大雨は今夜が山のようだ。江の川よりも今田地区そばの八戸川(やとがわ)が、そして大小の谷川の方が問題だ。落石による道路の寸断も。自宅の裏山もそれなりに不気味。 酒はほどほどにして、