• 反田孝之

私の今年の漢字

今年の漢字ってやつ。4年ごとに「金」なんだね。もうちょっと考えればいいのに。


自分にとっての今年の漢字ってのも賑わっている。俺は「諦」。真理を探ろうともせずにすべてが右向け右のこの風潮。テレビ、新聞、ついでに国の発表のみを真に受けるって、大東亜戦争かって。諦め以外の何物でもない。この漢字には真理を追及するという意味もあるから、な、ぴったりだろ。


「欲しがりません、勝つまでは」って、怖いなあと思ってた人。今がそうだって気がついとるんかね。コロナに勝つ!なんてスローガンも見かけたりしてなんかもう涙が出そう。うちでは小1の次男だって「勝つ、ってそもそも戦うものじゃないでしょ」ってボヤいているぞ。


それから女房は「隔」と言っていた。まあ我が家ではそんな感じよ。

数年後には「滅」かな。ああ、コロナは滅亡し得ないよ。後は「掠」とかね。この国の金は海外へ流れるように上手くできている。



腹が痛いと言って急きょ保育園を休んだ末っ子。気がついたらいつの間にか。あんた、何をしとんよ。ほどなく20センチくらいの芸術品級の超立派なウソコが出たと。鳥小屋の中であっても、マシな世を繋げていきたいね。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ