• 反田孝之

秋まきゴボウがようやく始まる

車屋さんにコンバインの回送までやってもらって今日から始めるつもりだった大豆の収穫を、少なくとも明日以降にすることにした。大草のため虫の息の今年の大豆は、判断が難しい。​


予定を変更しても急ぎでやるべきことは山のようにある。とりあえずやりかけの緑肥大麦の種の調整を終わらせ、頭の中で描いていた秋まきゴボウの計画と数値をPCに落とし、これからゴボウの準備に田津へ向かうところ。


すでにドタバタではあるが、始まるものがついに始まる。ビビりまくっている。

最新記事

すべて表示

この時期に本線作業がないとは

連日、天気が悪い。おかげで作業場でやれる中仕事も、本線はすっかり終わらせてしまっていて、この時期で考えられないほど余裕がある。そのため今日の午前は、こちらからのドタキャン可というわがまま付きで受けていた雑誌取材も、すっかり楽しんで対応させてもらい、お世話になっている「蔵庭」のシェフさんの義理に報いることができて安心した。そう、どんな繁忙期だって結果的にはこんなこともあるのだ。 それで午後は頭を切り