top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

稲刈りが近いのに

最近また更新ができていない。何だかんだと忙しい。楽しくも難儀な人生よな。


稲刈りが近づいている。今年は生育がどこもかしこも早く、うちも例にもれず。気持ちでは9月1日から始めたいところだが、乾燥・調整ラインの準備が一向に進まなくて焦る。こんな時に草刈り、草取り、中でも毎日のイノシシ被害の見回りと知恵比べにはしびれる。


と同時に、週末は映画祭だったし(吉田俊道氏の講演は圧巻!)、今日は内藤さんの自然栽培講座だった。しかしこれらは希望。今の人生に希望は多い。幸せなことだ。

最新記事

すべて表示

妥協に誇りを持つ

昨日は久しぶりにトラクターでの耕うん作業をした。キャビン付きトラクターによる快適作業は、久しぶりであればちょっとしたストレス発散にもなってちょうどよい。この時期の耕うんは珍しい。一部の畑(0.55ha)を他人に譲ることにしたので、その片付けとしてやったものだ。 しかし今年はあちこちの耕うん作業を、昨秋の10月騒動のために、条件が整い次第、つまり田畑が乾き次第、早めに始めなければならない。そしてまと

また発熱しない風邪

一昨日まで体調を崩し、昨日から始動。おかげで体の芯から疲れが抜けた。今年は年末に体を壊さなかったし、このまま何となくゆるくやって逃げ切ろうと思ってたんだが、そういうレベルではなかったみたい。来年からの参考にする。 ちなみに発熱はなし。それでそれなりに心配した。発熱すればまずは安心、しなければちょっと不安、ってのが常識になればいいと願う。これだけで世の中の大概の問題は解決する。 でもこのたびは発熱し

5年ぶりゴボウ作付け圃場

草取りマラソン2巡目で苦戦している。外側列を1往復するのに6時間。もっとも内側列の株近くまで削っているから内側列往復は2時間でできそうとしても、合計8時間かかることになる。できればこれを半分の4時間でやりたいのだ。 今やっている圃場は5年ぶりの作付けになる。ここはうちの圃場の中でもかなり良くゴボウが育つので通常なら2~3年に1回作付けするランクなのだが、①土が固くてゴボウ収穫機が機能しないので土を

bottom of page