top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

稲刈り(というか籾摺り)が進まない

今年の稲刈りは、イノシシ被害が日々進行形だけに、何となく、せく。多くの圃場がすでに刈り取り可能になっているので、どんどん刈る!と行きたいところだが、当然そうはいかない。籾摺りがあるからだ。


前回張り込んだ籾を乾燥機から出さなければ次は刈れない。ある程度はフレコンバッグに仮出しできるとしても、その置き場に限りがあるから限界がある。それに、実はまだ籾摺りラインの準備が終わっていない。機械がそれぞれ古いため、メンテナンスなども入れると準備は意外と大変なのだ。


それに加えて、畑がある。一雨を待っていたので昨日から今日にかけて慌てて田津の畑の耕うん。こっちだってタイミングがある。


私が常々言う世間の誤解。稲刈りなんて子供の遊びみたいなもんで、大変なのは籾摺り。


緑色のバッグに仮出ししているところ。これで今日の稲刈りができる。

ちなみにフォークリフトの背もたれのはジャンパー。冷蔵庫に入るときに着るんよ。

最新記事

すべて表示

理想の苗を求めて

自然栽培を始めて以来、栽培技術で試行錯誤を繰り返してきて、多くのことは、「とりあえずは」こうやればいい、というレベルまでにはなった気がしている。しかし、どうすればいいのかさっぱりわからない、ということもまだまだ多く、その一つが肥料を一切使わない稲の育苗である。 田植え機で植えられる程度に育てるという最低レベルはクリアした。しかし理想の苗にはまだまだ遠いと言わざる得ない。一部で時々ほれぼれするような

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page