• 反田孝之

経営の都合と作物の都合

今日、ゴボウトンネルのビニール撤去終了。これだけ遅いのは4月29日に終えた2013年以来。例年は4月20日前後に終わらせている。


遅くなったのは、苗代設置を少し遅らせたため。苗代を例年より3~4日遅く計画し、天候などの都合でさらに3~4日遅くなってトータルで1週間遅くなっている。稲の管理の都合でこうしたわけだが、どうやらゴボウには面白くない。来年からどうするか。


このように作物間で作業のタイミングの都合をつけないとならないことは多い。他に大きなのは田植えの時期。育苗の事情も含めて本当は6月上旬くらいにしたい。しかしその頃には大豆の準備と播種がある。それでトータルに考えて5月下旬に田植え、6月上旬から大豆播種の流れでやっている。


またゴボウと大豆の間にも厄介なのがある。ゴボウの収穫は本当は6月20日くらいからは確実に始めたい。しかし大豆の播種が終わっていない場合が多く、仕方なくそれが終わり次第始めるという流れになっている。大豆播種が終わらなくてもゴボウの収穫を始めることはできないことはない。だがそれだとクローラ型のトラクターがバッティングしてしまう。できれば双方ともにクローラ型のものを使いたいので播種が終わるのを待つことになる。


他にも作物間で作業タイミングが重なることは細かいことまで入れると実にしょっちゅうだ。その都度どちらを優先するか判断することになる。優先しない方のダメージが大きい場合は、もう「覚悟」だ。胃の痛い日々にジッと耐えることは少なくない。


こうやってトータルで経営を作らねばならぬ。そう、経営を作るとはこういうことよ。作物ごとの理想はあまりに遠くにあって、容易に近づけそうにないし、近づけなくても仕方がないと思っている。


最新記事

すべて表示

梅雨明け後の繁忙

梅雨が明けても今一つ雨が切れずに乾かなかった畑が、一斉に乾き始めた。大豆関連の作業でもうテンテコマイ。当然土日も何もない。前に書いたようにゴボウも掘りながらで半日が潰れるので余計にそうなる。 よりによってもうすぐ魔の連休。オリンピックなんていう理由で勝手に休日を増やすなよな。なんの関係があるってんだ。

そうか、ゴボウをやめるのか

かなり衝撃だ。 ゴボウ栽培はいつか止めざるを得ないだろうということを、1年前の今頃書いた。 それは洪水の頻度が上がるためという理由だった。だから可能性は低いが、頻度が上がらなければ栽培は継続できる。そこに一るの望みを残したくはなる。 しかし残念ながらそうはならないらしい。昨日田津地区の人から近況を聞いたところ、どうやら田津には堤防ができるのだという。今当地では国レベルでかなり本気で洪水対策が練られ

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。 その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。 自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。 ​ 美味しいという感覚はあ