• 反田孝之

絡んでくる人

私のことではないよ。人付き合いは大変だよね。地域の世話役の人で、何かと腹を立てている方がいる。聞くと、何だかんだと面倒を言ってくる人が複数いるのだと。そのメンツを聞いてみると、納得(笑)。実にご苦労様だ。グダグダ言ってくるあの神経はどういうもんだろうね。


人間関係でいうと近年の私は極めて平穏である。そりゃ小さいことは間々あるけれど、社会を生きる上では仕方がない。物心ついた子供のころからいつの時期までかは、粘着質の人が例外の時なく常に私の人生圏にいて私に絡み、その都度いくらかの、時に大きなをストレスを感じていたものだ。


そういう人たちの共通点を一つ挙げるなら、「嫉妬深い」ということではないだろうか。もう一つと言われれば子供っぽい(子供に失礼だが)ということか。私はませたガキだったので、小さい頃から相手のことをそう思ってかわしてきて、時には茶化してきた(笑)結果、そのうち接触が減ってきて生活圏にいなくなる。そして歳を取るに従ってだんだん人間関係が平和になってきた気がする。


でも地域の世話役をしていたら、かわしてばかりもいられない。本当にご苦労様だ。でもグダグダ言ってくる人もずいぶんしんどいと思うんだよな。そいつの顔が思い出されて夜寝れないとか。そう思って私などは、笑いは大事だからと、親身になって茶化してあげるんだけどね。明らかに逆効果みたい(笑)

最新記事

すべて表示

ゴボウを減らすということ

​前回に続きゴボウの縮小について。 作付けを4割減にするなら、洪水がもし来なければ収量も4割減である。しかし洪水の来た近年に単純に当てはめて比較してみると、2018年、2020年、2021年のすべてで「収量減なし」という、何か計算を間違えているのではないかという結果になっている。つまり洪水が来れば、30棟だろうと18棟だろうと収量は変わらないという当たり前のことが起きるわけだ。だったら作付けを減ら

20代で学んだ現場経営の実践本

経営をどうやって学んだか、とは時々聞かれることである。私の場合は建設業を営む両親から何となく肌で学んだというのが一番大きいだろうと思っているが、強いて言うなら、ある本を挙げることができる。今朝トイレの供を探していて本棚で久しぶりに見つけた本。おお、こんな本があったなと。 「会社をのばす主任とつぶす主任~利益をうみだす現場管理の知恵~」 飯塚孝文著 清文社 トイレでパラパラとめくってみた。内容を何も

50を過ぎて後退した自分を見つめ直す

近頃、寝る前に布団の中でこのブログのアーカイブを見ている。探し事以外で、これだけ気合を入れてみることは珍しい。 なぜ見ているかというと、今一度自分を見つめ直すため。ここ数年、経営がうまくいかない。もちろん毎年のようにやって来る大洪水のせいなんだから仕方がない。しかしだ。もし大洪水がなかったとしたらどうだったろう。もしかしてそれなりに下手な経営になってはいなかったか。大洪水に隠れて見逃してはいないか