top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

美味しいものを作ろうとは思わない

経営を行う以上、今は掲載はしていないが、うちにも経営理念というものはある。


その一つに「美味しい農産物をつくる気がない」ということがある。かつて美味しいお米や野菜を作ろうと考えるあまりに迷走してしまった経験があるからだ。


自然栽培に出会い、実践する中で、多くの考え方や価値観というものが変わってしまったけれど、美味しい農産物を敢えて狙わないということも大きな転換であった。

美味しいという感覚はあまりにあやふやだ。人工物である加工品に限らず、それは農産物の場合でも例外ではない。​そのあやふやなものを追究する中で、いつのまにかあまりに不自然な行為に流されていくことがあった。そしてその不自然さに、それ是正しようとする不自然な行為が重なり、一度軌道を外すとどこをどうすれば元に戻るのかがすっかり分からなくなってしまうという悪循環に​陥るのである。


そこで美味しいものの追求をやめた。目指すのは、なるべく自然に即した栽培。つまり不自然な行為をなるべく排除する。そのときの「不自然さ」というものは自分の頭で考えるのではなく、自然の声、菌の声を聞いて判断する。一番わかり安いのが腐りにくい農産物をつくろうとすること。


そういう管理をしていってできた農産物が、はたして美味しくなるのか美味しくなくなるのかは分からない。分からないんだけど、それでいいと考える。​栄養価という概念もそうである。栄養価があるのか、ないのか、分からない。でもあってもなくても、それでいいと考える。


​その結果、今のところ幸運なことに、美味しさの評価は上がっていっている。もちろん全然美味しくない!という感想もいただいてきた。しかし味というのあやふやなものだ。仕方がないと割り切る。


そして栄養価については今や興味がない。ここは大事なところだが、農産物中の栄養価というのは世の中の「あってもいいしなくてもいい」ものの中の象徴的な存在であると思う。だから計測したこともないし計測しようとも思わない。


だから今のところ​この考え方でいいと思っている。


​もし多くの人に美味しいと思ってもらえなくなったらどうするか。そんなことを考えたこともある。でもその時はその時だろう。​まずは人間の進化の過程と、人間と自然の関係を信じている。

最新記事

すべて表示

ほぼ満点で超繁忙期が終わった

一昨日書いていたのに、下書きに入ったままだった。2日前のつもりで読んで。 ーーーーーーー ゴボウのバックホウ収穫で痺れていた圃場を、雨に怯えながら終えた。そしてトラックをぶっ飛ばし移動。そして地元小学校5年の体験授業で大豆の2回目の土寄せを、雨に怯えながら終えた。ついでにゴボウ畑に取って返して、雨に怯えながら埋め戻しも無事に終えた。ぶっ続けの6時間。これをもって「超繁忙期」の終わりを宣言したい(笑

にわかにイノシシ対策に追われている

田んぼ事情についての紹介をまだ続けるつもりだったが、作業ピークがやってきて(笑)、それどころではなくなっている。奇跡的に晴が続きいていて、週明けからまた閉ざされそうな雰囲気なので、何でもかんでも始末をつけておきたい。 ゴボウの収穫は進行形。バックホウ収穫になったのでペースがちょうど半分に落ちている。あと7日はかかる勘定。雨に弱い今の圃場だけでも早くやり切りたい。みなさんの協力を得て土日も進める予定

明日から雨

明日午後からの1日半で150mm予報が出ている。それだけ降ったら、畑も転作田も次はいつ入れるかわからなくなる。ついにギロチンが落ちる。 しかし今回はやるだけのことはやった。大豆は残るは土寄せだけで、もう失敗することはないだろう。そして洪水にも遭わない。今田地区は堤防ですべて囲まれたから。 田んぼの除草も今のところは順調。こちらは雨でも進めていける。 気がかりはただただゴボウ。明日2回目が掘れるとし

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page