• 反田孝之

自殺者が増えることがピンと来ない人へ

平井鳥取県コロナ脳知事がなんかまた吠えている。米子市長をネタにして。その中で米子市長の「命に関わる・・」というくだりが大切だ。平井を始めとする為政者は自分の評価ばかり気にして数字のお遊びにうつつをぬかさずに、もっと人の命というものを考えるべきだ。岸田とか平井とか、冷静に見れば後世で刑事責任が問われるレベルじゃないかと思うけどね。


コロナと自殺者の関係について何のことかわからないという呑気な人向けに、例えばこれが簡単。

「失業者とシンクロする自殺者の推移」

要するに失業率と自殺者数には明らかな相関があるという話。失業率が1%上がると年間の自殺者が2339人増える計算になる。」だって、分かった?今はまだそんなに増えてないよって、これから増えるんだよ、ボケ!いろいろあるから自分で調べろ。さらに自殺者の陰に行方不明者有りということを忘れてはだめよ。


心配し過ぎるくらいがちょうどいいとかコロナ対応するくせに、じゃあなぜ自殺者対応は心配し過ぎるくらいにやらないのか。そしたら少なくとも今すぐすべてのコロナ対策をやめるのが正解だろう。今すぐやめたってそれなりにまずそうなのに、何をやってんだ。バカすぎて涙が出そうだ。


とりわけ不況を煽るシンボルであるマスクをやめよう。ワクチンは自業自得だから止めろとは言わん。打って病気がちになったとしても自分の責任だ。子供は可哀そうだけど。

最新記事

すべて表示

なぜ自然栽培をやるのかと聞かれればこう答える。 「自然界の事実が知りたいから」 人間の体はもちろん、精神も含めた自然界。その事実が知りたい。そして実際に、これまで自然栽培を続けてきたことで知り得たことがたくさんあった。それは世間の教科書のどこにも書いていないことばかりであった。 ただただ、そういうことが知りたい。人間が頭で考えたイメージには興味がわかない。 「無農薬無化学肥料」とか「オーガニック」

農業をやっていたり、やっていなくても田舎に住んでいれば、草刈りなどの共同作業がつきものだ。今日は朝から今田地区のイノシシよけの柵周りの草刈りを。 滅多にやらない箇所だけに、竹が生え、ツルが巻き、どこをどのように手を付けていいかわからない状態。そんなのが総延長500mでそれを4人でやろうというのだから、みんな集まったはものの及び腰。しかしブツブツ言いながらもやりだすと案外やってしまうもので、みっちり

マスク、いつまでやる気なのか。私はよっぽどのことがない限りはやらないからまだいいんだけど、この流れは自殺者増につながっていくし、子供らも不憫。 保育園に通う娘が、「マスクが嫌だけどしてないと先生に怒られる」というので、女房が園に掛け合う。結論としては​、園としてはマスクの必要はないと考えているが、コロナが発生した時にマスクをさせていたかどうかが問題視されるので四の五の言わずに協力してほしい、とのこ