• 反田孝之

自然栽培向けの土づくりの難しさについて

以前「土づくりの最大の視点」というタイトルで書いた。その補足の意味もあるし、また自然栽培に対する私の姿勢をやみくもに崇拝したり、逆にお粗末だと思いたい人たち向けに書いてみる。


自然栽培に適した土はどうやって作るのか、なんていう問いになかなか簡単な答えは見つからない。全国には先駆者がそれなりにいて、彼らから学ぶというのはもちろんあり。だが、そこには土質や環境の違いという大きなハードルが横たわる。


今日は春まきのゴボウの種を蒔いた。土質は砂壌土。とはいえ2/3は「砂土」に近い。田津地区でこういう畑は多いのだ。そして経験上こういう畑では自然栽培が難しい。


また土を何とか改良しようと思っても、砂土に団粒構造を作るのは至難の業。そして洪水でたびたび冠水するため、そのたびに土中の空隙がなくなる。洪水の後に乾いた畑を掘ってみると、ただの硬く締まった砂である。


だからこの田津の大部分の畑では先駆者たちが言われるような土づくりの方法ではおそらくだめ。違った視点で見て、違った手法を取る必要があると思っている。つまり田津スタイルだ。


ということを数年かけて知った。今はいろいろ実践し考え始めた段階。あと20年やれるか30年やれるか知らないが、死ぬまでに一つでも多く発見が欲しい。


最新記事

すべて表示

コロナ騒ぎで、何が本当なのかがわからない人へ

この繁忙期を何とか進めていはいるけれど、実は最近この国の「亡国的所作」に絶望するあまりに軽い鬱状態になってしまっている。体に力が入らないのにはその影響も間違いなくある。そんなところにこのたびの「外国人入国禁止」のニュース。そして首相の「批判はすべて自分が負う」発言。負うって、具体的にはどうするんよ。ただでさえ不幸な人が増えているというのに、まだまだ続けるらしい。負うくらいで済むもんか。3人の子の親

コロナ対策をすると客は減るんじゃないのかな

新聞に、新型コロナ対策をしている県内飲食店の一覧が乗っててびっくり。凄いね~、まだやるのか~って。 飲食店も大変だ。こういう対策をすることで客の入りは増えるのか減るのかの判断は難しいだろう。行政側も実は苦悩なんじゃないかな。応援のつもりで始めたはものの、状況が変わってきて、あれれ、みたいな。 私のようにこういう対策をしているお店には行きたくない、という人は多いはず。せめて流行っている時なら百歩譲れ

バカにされる日本人

マスク、いい加減に鬱陶しい。欧米見てみろよ。誰もしちゃあいねえだろ。ああ、俺はやらんよ。でもこの1年半で、トータル4時間くらいはせざる得なかった。この大半が学校の授業。しかしね、みなさん一生やる気だろうか。だから日本はバカにされるのよな。ま、テレビと新聞を信じる国だ、日本は。しょうがないか。 あさっては総選挙。マスクやワクチンが気に入らないからというわけではなく前から思っていること。将来的にアメリ