top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

良い授業を作るためには

また私の経験からの話になるが、小学校の授業というのは、元気な子ども達に数名よる適度な不規則発言がある雰囲気の場合に良い授業になりやすい。その発言を上手く利用して授業を組み立てていけば、その子らの気持ちを押し込めることにはならないということがもちろんあるけれど、何よりの効果は、あたかも授業を、しかも明るい授業を、子供ら自身が作っているような雰囲気になるということである。


さらに雰囲気を支配する数名以外の子を適度に当てたりして上手く巻き込んでいければ大成功だ。その雰囲気を子供らも自然と気に入り、慣れてくると子供らがそれぞれに適した役割を演じるようになるから、授業自体が大変楽になる。そんなクラスはこちらも授業の日が待ち遠しくて仕方がないし、当然のことながら結果(意欲や成績)も付いてくる。


となると課題は、そういう雰囲気を作るまでの過程である。初めは、度を越して無秩序にうるさい場合と、お通夜の様に静かな場合を両極としていろんなクラスがある。その両極の場合は大変苦労をする。しかしこの雰囲気づくりこそがこの1年間の成果、いや子供らの未来を決める、くらいの覚悟をもって始めのうちは臨むことになる。


気持ち的には、切るか切られるかの勝負!だ。それで授業が終われば気力も体力もゲッソリ。だからそのパフォーマンスを維持するためには、数日前に書いたように、受け持ち授業数が適正である必要がある。


塾ではこういうノウハウを学ぶ機会があった。他にもこの塾のよいところは、子供を決してスパルタで勉強させるのではなく、子ども自らが主体的に学ぶように仕向けるという教義があって、それが自由を好む私には生徒の立場を思って大変心地よかった。実に良い体験をさせてもらったとつくづく思う。


しかしながらその当時関東、とりわけ千葉のの雄の地位を占めていたこの大手塾も、私がやめてほどなくしていろいろあったようで、残念かな、今ではすっかり凋落してしまった。

最新記事

すべて表示

ともかくまずは種を繋ぐこと

先週末は当地有志による映画祭のイベント。私も一応は頭数のはずなのだが、いつものごとくまったく関与できず。皆さんには頭が下がる。 このたびのテーマは「種」。種というのは大変難しいテーマだ。私ら農家や家庭菜園家ですら無頓着な人が多いのに、種を蒔く機会のない人たちにとってはあまりに哲学的な素材である。さらにアメリカなどと違って、種の事情が目に見えて社会問題化していないという背景がある。 うちが小5を対象

オンラインミーティングで触れなかったこと

昨夜のオンラインミーティングで触れなかったことは当然まだたくさんあって、そのうち2つほどここに書いておきたい。 まず大豆の収量について、実は自家採種との関係で一つの傾向をつかんでいる。これはもう10年くらい前に、ある方からこのことを聞いて、毎年そのつもりで観察してみると確かに傾向がありそうなのである。 それが何か、ということがなかなか言い辛い。勘のいい人ならその訳がわかるか。しかし今はそれでいいと

農業者のために農業者にしかできないこと

農業をやっている人、これから始めたい人の世話を焼くことが、農業歴を増すごとに増えてきていて、とりわけ昨年から特に多くなっている。機械の斡旋や仲介、農地の相談、栽培技術の相談、販路紹介など、分野は広い。 農業者のサポートというのは、近年では多くを行政が担うようになっているが、一昔前ならそんなことはなかったし、今でもほとんどの行政マンが実際の経営を経験しているわけではないのだから、同業者、つまり我々農

bottom of page