top of page
  • 執筆者の写真反田孝之

苗代をいじってみた

苗代が昼前に完成。このたびはかなりくたびれた。今昼飯を食いながら放心していた。こうなったのは、床幅を変えるついでに新しいことをやりたくなってしまって、一部でトンネルを作ってみたから。


(昨日の夕方)

(今日11時、完成)


わずか25m×3棟だからゴボウトンネルに比べれば鼻くそみたいなものだけど、タイミングが極めてタイト、かつぬかるむ、作土が浅く硬盤が固い、という条件下での設置はかなり体をすり減らした。このままのは次回はないかなと。工夫を入れて改善するというのを前提で、これから育苗期間の様子を見て来年以降のことを考えたい。


くたびれたのにはもう一つ原因があって、このたびは苗代全体の代掻きを省略したところ苗床の高低差が思いのほか大きく、その対策に時間を割かれたから。苗床が従来の6列から8列になったせいで苗代が広がったことをうっかりしていて、広がった部分の苗床1列ほどが修正できないくらいに高かったのだ。写真の一番右奥の列。なんという初歩的な失敗。あほ、バカ、まぬけ。


許容範囲である2㎝以上の高低差をともなったまま育苗が始まった。どうなることやら。

最新記事

すべて表示

続・自然栽培水田の変遷の成り行き

自然栽培稲作圃場の変遷の成り行きの続きを。 今年から自然栽培稲作用にした圃場(というより平均2haごとのブロック)は、12年前の大区画化圃場整備以降、大豆を8~9回、稲を2~3回作ってきたところである。そしてこの間1粒の肥料も入れていない。数あるブロックの中でここにしたのは、お米を作った時の草の程度が常識的だったことと、耕盤が平らで安定していることがまず挙げられる。除草機をタイミングよく使えばまず

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page