• 反田孝之

苗代をいじってみた

苗代が昼前に完成。このたびはかなりくたびれた。今昼飯を食いながら放心していた。こうなったのは、床幅を変えるついでに新しいことをやりたくなってしまって、一部でトンネルを作ってみたから。


(昨日の夕方)

(今日11時、完成)


わずか25m×3棟だからゴボウトンネルに比べれば鼻くそみたいなものだけど、タイミングが極めてタイト、かつぬかるむ、作土が浅く硬盤が固い、という条件下での設置はかなり体をすり減らした。このままのは次回はないかなと。工夫を入れて改善するというのを前提で、これから育苗期間の様子を見て来年以降のことを考えたい。


くたびれたのにはもう一つ原因があって、このたびは苗代全体の代掻きを省略したところ苗床の高低差が思いのほか大きく、その対策に時間を割かれたから。苗床が従来の6列から8列になったせいで苗代が広がったことをうっかりしていて、広がった部分の苗床1列ほどが修正できないくらいに高かったのだ。写真の一番右奥の列。なんという初歩的な失敗。あほ、バカ、まぬけ。


許容範囲である2㎝以上の高低差をともなったまま育苗が始まった。どうなることやら。

最新記事

すべて表示

突風が吹き荒れて育苗トンネルがやられた

暴風というより突風が昨日から吹き荒れて、にわかに慌ただしい。苗代がやられて。 従来のやり方のところは何も問題はない。トンネルにしたところがシートが剝がされてしまった。風が収まらないので直すのは無理。かといって発芽したてなので放っておくと鳥にやられる。それだけならテグスをちょいちょい張っておけばOKだけど、もう一つ問題が。 それはイネアオムシの被害の可能性。2010年に初めて大被害を受け、それ以来裸